FC2ブログ

リタイアに関して思うことを書こうとしても先に誰かに書かれてしまう

実は、お金の価値は年齢によって変わってくる的な記事を
書こうと思っていました。
あれこれと考えを練ってるうちに、
他のリタイアブログに、
ほぼ自分が思っているようなことが書かれていたので、
一気に書く気が失せました・・・

ですが、とりあえず考えていたことを書いてみます・・・

30歳のときに持つお金はいくらでも使い道はあるけど、
同じだけのお金を80歳のときに持ったとしても
30歳のときに比べると使い道が相当限られてきますよー的な感じです。

お金はあればあるほど幸せか?というテーマに対しても、
これも他のリタイアブログにあったりするのですが、
同じような考え方が適用できるのではないかと思います。

30歳のときならお金はあればあるほど幸せだけど、
80歳のときならお金では決して買えない部分で
幸せがもたらされるような気がします。
(自身の心身の健康とか肉親(子供や孫)とのふれあいとか)

こういうお金の価値というものは、
生まれてより20代30代までは一気に上昇カーブを描いて、
その後心身が老化していくにつれて
徐々に下降していくのではないのかと思われます。

他のリタイアブログでも書かれているような結論なのですが、
子孫に資産を相続させる立場ではない独身独居者なら、
リタイアするのによく年間いくら必要ってのを
死ぬまでフラットの金額で計算していくのではなくて、
若いうちは多めに死が近づくにしたがってだんだん少なめに
設定していくのが理想的なのではないのかということです。
もっと理想的なのは、
ある程度高齢になれば貯蓄は全て使い果たして
年金だけで生活できればいいのかなと思っています。

自分的にはそのある程度高齢になればっていうのは、
両親を見送って厚生年金の元も取った後の75歳以降と考えていますが・・・
スポンサーサイト



プロフィール

ONARA

Author:ONARA
46歳貯金1000万円少々で
リタイア生活はじめました。
「無理なく」「無駄なく」を
モットーにしている
マンション管理士
(近日開業予定)です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ