FC2ブログ

公的年金と個人年金と預貯金を踏まえた将来設計(その1)

さて、ここまであれこれ書いてきた前提条件の下に自分のリタイア生活の将来設計をいろいろと書いていきたいと思います。

前回、パンの耳をかじる生活とたまにウナギを食べる生活の例えを書いたのですが、まずはパンの耳をかじる生活の方から検証していこうかなと思います。

今現在の預貯金として1180万円ほどがまずあります。
そして仮に今から1ヶ月後の11月末に今やってるマンション管理員のパートタイマーを辞め以降は全く働かないとします。
そうするとどんな人生設計が考えられるかの検証です。

去年9月にフルタイムの工場アルバイト仕事を辞めてリタイア生活に入ってから、ずっと実験的に月8万ほどで暮らす生活をしてきました。
そしてそれは今現在も変わらず、この後来年の3月まではこのペースの生活を続けようと考えています。

今後一生働かないとなるとこのペースの生活(月8万生活)を少なくとも65歳ぐらいまでは続けていかないとお金がなくなってしまいます。
これが最低限度の生活しかできないいわゆるパンの耳をかじる生活です。

もし今月11月末に仕事を辞めるとすると未払い分給料として10/11~11/30までの給料を貰います。
これを約16万円として今現在の預貯金1180万円にプラスします。
そうすると1196万円になります。

そして今年の11月から個人年金が受給できる直前の59歳の3月までずっと月8万円づつ取り崩していくと
8万円×5ヶ月=40万円(今年11月から来年3月まで)
8万円×12ヶ月×12年=1152万円(来年4月から59歳の3月まで)
合わせて1192万円になりなんとか貯金で全額まかなえます。
(預貯金利息や物価変動等は考慮されていませんが・・・)

しかしこれには今住んでるマンションの水周り等リフォームの金額が含まれていません。
マンションの水周りリフォーム
(ユニットバス交換、システムキッチン交換、
ビルトインIH調理器交換、電気温水器交換)で
自分は合計130万円の予算を見ています。

さて、これをどうやって払っていって、さらに個人年金が支給される59歳の4月以降はどう生活していくのかは、次回以降に書いていこうかと思います。(続く)
スポンサーサイト



プロフィール

ONARA

Author:ONARA
46歳貯金1000万円少々で
リタイア生活はじめました。
「無理なく」「無駄なく」を
モットーにしている
マンション管理士
(近日開業予定)です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ