FC2ブログ

これまた今ごろですが志村けんさんが亡くなられたことについて

一週間ほど前に新型コロナウィルスによる肺炎が原因で
志村けんさんがお亡くなりになられました。

自分は小さい頃は家が貧乏だったので
白黒テレビしか無かったというのもありますが、
あまりテレビとか見なかった子供だったので
それほど志村けんさんの芸に対して
思い入れが深い方ではありませんでしたが、
大学生になって家庭教師のバイトをするようになって、
教えてた子供が志村けんさんのギャグが大好きで
自分によくやってくれてた方のが印象に残っています。

さて志村けんさんですが、
70歳で無くなられたそうなのですが
嫁さんも子供もいません。

正確に言うなら、
ドリフターズになる前の若い頃に
同棲してた人との間との子供がいるようですが、
いろんなしがらみがあって認知してない上に
現在は行方不明になっているようです。

ドリフターズに入った後も
家に同居していた女性も何人かいたようですが、
こちらも入籍には至らずだったようなので、
法的には未婚で子なしということで
父親をドリフターズに入る前に無くしてからは、
血のつながりのある唯一の家族であるお母さんを
ことのほか大事にしてこられたようです。

そのお母さんも4年ぐらい前に亡くなられて
志村さんも60代にしては
かなり老け込んでしまっていたところに、
今回のコロナウィルスによる肺炎での突然の死亡・・・

このことは同じように
子供が無く老後を迎えるであろう自分にとっても
いろいろ考えさせられるところがありました。

自分は子供が居ない以上
未だ元気な両親との付き合いを
大切にしながら生きて行こうと考えていますが、
親が大病になったりいなくなったりした後に
ボッチ老人として生きていくことには
以前から何度も書いてはいますが
いろいろと不安があります。

自分は今後ボッチ老人で生きていくのなら、
志村けんさんのように
お母さんを見送った後すぐに
今回のようにあっさり死んでしまうのも
幸せな人生の終わり方だったのではないかと
ある意味羨ましくも感じてしまいましたが、
自分と同じような
子供がいないまま老後を迎えようとする
セミリタイア者にとってはどう思うのでしょうか?
スポンサーサイト



プロフィール

ONARA

Author:ONARA
46歳貯金1000万円少々で
リタイア生活はじめました。
「無理なく」「無駄なく」を
モットーにしている
マンション管理士
(近日開業予定)です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ