FC2ブログ

今の時代は「無能」なら働かない方が幸せ

最近、セミリタイア界隈でよく聞こえてくる
このような主張なのですが、
(特に〇らげ〇こ氏が
最近よく言ってるような気がします・・・)
自分はこの主張については結構賛成派です。

今の時代の搾取する側とされる側が
ほぼ真っ二つに分かれてしまっている労働環境では
搾取する側は安価で重労働に耐えてくれるような
労働者しか求めていないので、
「無能」な人ならそのような環境で
東南アジアから来た若くて安価に働いてくれる
技能実習生と競って
単純労働に従事するしかありません。
そして頭脳労働のほとんどはAI化されてしまって
クリエイティブな仕事を
ごく一部の「優秀」な人間が行っているに
過ぎなくなってしまっています。
このような状況では「無能」な人が
定年までずっと働いていくのは
あまりにも過酷ではないのかと思ってしまいます。

翻って自分のことを鑑みてみると、
自分は上位1割以内に入るような有名大学に入って
これも上位1割以内に入るぐらいの高身長、
新卒で一部上場企業に入って40代前半までは
人並み以上の給料をもらってた
古い言葉で言うといわゆる「3高」でした・・・
(もちろん無職である今でも
学歴と身長の2高は残っていますが)

なのでもはや金銭的には一切働かずに
引きこもって生きるのが
可能な身分なのにも関わらず
それでは人生つまらないなと思ってしまいます。

「まだまだ人生終わってないし
やれることは沢山あるなと・・・」

自分自身を「無能」と自覚するなら、
何もせずに引きこもって
死ぬまで生きていくのも
「アリ」かなとは思うのですが、
自分自身を「無能」とは思えない場合に
果たしてどう生きていくべきかってところで
未だにあれこれと迷い悩みます。

もちろん50代にもなると
物理的に厳しいこともあります。
子供を作って育てることが
その中でも一番大きくて
これが不可能なことによって
人生はかなり制約されるなと思います。

自分がこうやってセミリタイアの道に入ったのも
資産を残してあげられる子供がいないから
これ以上働いてお金を貯めたところで
使い道なく余ってしまい
死後に国に没収されてしまうのがアホらしくて
仕事量をセーブしたいなと思ったのが
その一番大きな理由ですし・・・

しかし自分は「無能」ではないと
上記の客観的材料で思えてしまっているから
まだこれから自営業で働きたいし
結婚もしたいしって感じですね。

但し、順序として、
結婚は自営業が軌道に乗った後と決めているので
自分の今後の人生の目標としては
まず第一に → 自営業を始めて軌道に乗せること
その次に → 結婚すること
この2つを挙げたいと思っています。

あくまで目標なので
実現するのかどうかはまた別の問題です・・・
スポンサーサイト



プロフィール

ONARA

Author:ONARA
46歳貯金1000万円少々で
リタイア生活はじめました。
「無理なく」「無駄なく」を
モットーにしている
マンション管理士
(近日開業予定)です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ