FC2ブログ

セミリタイアした自分が国家資格を取得した(または今後する)理由をまとめてみた

自分がセミリタイアしてから取得した国家資格は以下の3つ

・管理業務主任者
・マンション管理士
・宅地建物取引士

これらはいわゆる不動産三冠資格といわれるもので、
そして来年に取得する予定の国家資格として
行政書士があります。

これら4つの資格は、
今後の自分のセミリタイアの「セミ」の部分
すなわち短時間の仕事を行う上で
欠かせないものだと思い受験しました。(します)

近い将来にはマンション管理士及び行政書士にて
ゆるく自営業を行っていこうと考えている
自分にとって、
直接的に必要なのはマンション管理士と行政書士の
2つの資格のみなのですが、
法学初学者でいきなりマンション管理士の
受験に向かうのはなかなかに敷居が高いため
入門編として学習し
なおかつマンション管理士試験の
5問免除の効果を狙って
まずは管理業務主任者試験を受けてみました。

またマンション管理士や行政書士の
業務を進めていく上で
不動産取引についての知識(特に民法関係)を
より多くつけておく必要があるかなと感じて、
宅地建物取引士試験を受けてみました。

あと自分は今住んでいるマンションに
死ぬまで住み続けるつもりはなく、
60代後半には別のマンションに買い替えたいと
考えており、
そのために宅建の知識が役立つのではと考えた
ということもあります。

子供を得ることを
もはや見込めない立場となってしまった自分は
歳を取って心身ともに衰えてきたときでも
家族に頼ることができないので
自分の身は自分自身で守っていかなければなりません。

そのために人並み以上には
法律や知識で武装しておく必要があると思い、
頭がしっかり働いている50代のうちには
勉強について
お金や手間を惜しまないでおこうと思っています。

頭を働かせておくことは老化予防についても
効果があるのではと考えていますし。
(これは科学的根拠は薄いですが・・・)

そのため一応自分が仕事をしていく上で
必要な資格取得については
行政書士で打ち止めにしますが、
50代のうちには
家の中で簡単な電気工事をしたりする趣味を兼ねて
二種電気工事士を受験しようかと思っているのと、
あとこれは難関な資格なのですが
より深い法律の知識をつけるべく
司法書士の試験を受けようかと考えています。

但し、仕事にするつもりは無いため
合格しても司法書士の登録はしないつもりです。
スポンサーサイト



プロフィール

ONARA

Author:ONARA
46歳貯金1000万円少々で
リタイア生活はじめました。
「無理なく」「無駄なく」を
モットーにしている
マンション管理士
(近日開業予定)です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ