FC2ブログ

節度のあるギャンブルは立派な趣味になりうるんじゃないかな。特にリタイア者にとっては・・・

ここ最近、日本に賭博場を伴うカジノを作るの作らないので
世間が騒がしいのですが、
自分はギャンブルそのものが絶対悪だとは思っていません。
ギャンブル依存症になって
家庭がメチャクチャになるとか言いますが、
みんながみんなそうなっているわけではないでしょうし、
ギャンブルをするその人の節度次第というか、
生活費の限度を超えてもギャンブルを辞められないような
意思が弱い人がギャンブルをするのが
よくないことなのだと思います。

話は変わって、自分が生まれ育った家庭では
両親ともパチンコがとても大好きで、
よくパチンコ屋に出入りするのを
同級生に目撃されたりして
自分が学校でけっこうからかわれたりしましたし、
自分も小学生ぐらいまでは
パチンコ屋に一緒に連れていかれた記憶が
ものすごくあります。
そして70代になった今でもとてもパチンコが大好きです。

それでもうちの両親は節度を持って
ずっとパチンコはしていたと思うし
家計を圧迫してまでギャンブルはやっていませんでした。
そしてうちの父親は仕事以外は
ほぼ全く趣味みたいなものは無く
仕事から帰ってすることと言えば
晩酌しながらプロ野球観戦することと
休日や酒を飲まない日にパチンコ屋に行くことぐらいでした。
(今も働いてるので今でもそうですが・・・)

うちの父親ももうそろそろ
仕事をリタイアする日が来ると思います。
その時にありあまった時間を
どうやって楽しく暮らすんだろうかと思ったら
やっぱりパチンコ屋に行くことなのかなと
思ってしまいます。

自分はそれについてどうこういうつもりは全くありません。
両親(特に70代になっても働いてる父親)には
楽しく元気に過ごしてもらえれば
子供の自分にとってはそれに勝ることはありません。

そして自分も全く働かなくなった後には
どうやって楽しく暮らすのかなと思ったら
自分の場合パチンコはやらないけど
競馬は大好きなので
自分の生活費が許す限りは
競馬場に結構通い詰めるんじゃないかなと思っています。

こんな感じでギャンブルは
(特にリタイアして暇を持て余してる人にとっては)
節度をわきまえた上でやっていれば
娯楽というか趣味にもなりうるんじゃないかなと
思っています。

また話は変わりますが、
よくリタイアしてる人が暇つぶしの趣味として
嗜んでいると思われるのが
株式のデイトレードなのですが、
これはギャンブルとは似て非なるものだと思っています。

株式の取引はパチンコや競馬のように
胴元があらかじめ25%~40%ぐらいの
高率のテラ銭を取ったりしないので
利殖の手段としては格段に効率がいいのでしょう。

もちろんリタイア者の場合は
これも家計を圧迫してまでやらないように
生活費は別途に取っておいて
それ以外の資金を元手にやっているのでしょうが、
しかしいわゆるゼロサムゲームではなく
景気の浮き沈みによって
好景気時には参加者皆が儲かる局面があったり
不景気時には参加者皆が損をする局面もあるので、
好景気時にはその娯楽は皆が楽しいのでしょうが、
不景気時には皆が楽しくなくなるという
そういう弱点はあると思っています。

それでも過去の歴史上の法則から考えて
長い目で見ればまた上がっていくのだろうから
無問題という人もいるのでしょうが、
年齢が若い人ならともかく
歳を取ってからリタイアして
趣味で株式売買を楽しんでいるとかいう場合には
そこまでは待ってはいられないのかなという気もします。
(もちろん子供がいる人には
遺産として子供に残すということはできますが・・・)
スポンサーサイト



プロフィール

ONARA

Author:ONARA
46歳貯金1000万円少々で
リタイア生活はじめました。
「無理なく」「無駄なく」を
モットーにしている
マンション管理士
(近日開業予定)です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ