FC2ブログ

公的年金と個人年金と預貯金を踏まえた将来設計(2016/11版 その3)

今回の記事では
50代直前の今の時点で思い描いている
60代以降のライフプランを書こうと思ってるので、
実際には今現在で予定してることとは
大きく異なることになっているのかもしれません。
特に両親がどうなっているのかによって
大きく変わる可能性があるのを
まずことわっておきます。
あと公的年金の金額については
ねんきんネットで試算した額を基にしてますし、
インフレデフレ等物価変動は考慮していません。

前回記事でも書いたように
50代前半で士業で開業した後
その仕事は60代前半ぐらいまでは
続けていこうかと思っているのですが、
60代後半にもなってくると
前々回の記事で書いたように
月20万円弱の(公的+私的年金)が
入ってくるということで
資産的には余裕が出てくると思われるので、
このあたりで今住んでいるマンションの
住み替えをしようと考えています。

予算的には今住んでいるマンションが
400万円弱で購入したので、
同程度の400万円~1000万円程度で
築30年未満のマンションを
新たに購入しようかなと・・・
もちろんその時点(17~19年後?)での
自分の懐具合もあるだろうし、
もし親と同居する場合には、
親の方の懐具合も勘案した上で
次の住居を決めたいと思います。

今住んでいるマンションは、
その頃には築40年以上になっていますが、
交通の便は悪くないので
(政令指定都市内の最寄り駅まで徒歩4分)
キレイに使ってさえいれば
150万円~250万円ぐらいで
売れるんじゃないかと楽観的に考えています。

年金は65歳からの5年間で月額196000円
(公的年金76000円+私的年金120000円)
70歳からの5年間は月額136000円
(公的年金76000円+私的年金60000円)
もらえる予定です。
これを全てもらいきる74歳までは
なるだけ健康なまま生きていたいです。

その後75歳以降は受け取れる年金が
公的年金の76000円だけになります。
もちろんこれだけでは
生活に足りないと思われるので
貯金からの取り崩し生活になるのですが、
この段階になったら両親も
すでに鬼籍に入っている頃になるだろうから
自分がいつ死んでももう後悔はなく
重病になっても
無駄に延命治療はしないのかなという感じです。
スポンサーサイト



プロフィール

ONARA

Author:ONARA
46歳貯金1000万円少々で
リタイア生活はじめました。
「無理なく」「無駄なく」を
モットーにしている
マンション管理士
(近日開業予定)です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ