FC2ブログ

公的年金受給予定額に不安があるなら繰り下げ受給して額を増やせばいい

最近リタイア者のいろいろなブログを読んでいると、
公的年金を普通に65歳より受給するのか
それとも自分のように70歳より繰り下げ受給するのかでは
いろいろと議論があるようです。

自分の持論としては65歳からの受給額に不足を感じなければ
そのまま65歳より公的年金を貰った方がいいと思うし、
不足だと思えば69歳までは
預貯金を使ったり労働した賃金を使って生活して
70歳まで受給を引き伸ばして
70歳からは4割増しの年金額を
貰ったらいいのではないかと思っています。

自分は現在の時点での65歳からの公的年金受給額は
月間約7万5000円で年間では約90万円です。
さすがにこの金額では
特に長生きして貯金が無くなった場合に不安です。
だから70歳まで受給を引き伸ばして、
月間約10万6000円で年間では約130万円を
受給しようと考えています。

ちなみに現在は国民年金を全額免除していますが、
今現在の乏しい資産を削って国民年金の支払いをしてまで
70歳以降の年金額を増やそうとまでは考えていません。
年間90万円では不安だが年間130万円の年金を受給できれば
それなりに安心はできるからです。

もちろんこれは69歳までの生活費が
預貯金や労働賃金(あと自分の場合は個人年金)で、
十分にまかなえているというのが大前提ですが、
これは自分の場合は不安はないと考えています。

なので自分は、
65歳からどれだけの予定年金受給額があるかどうかで、
そのまま65歳から公的年金を受給するのか
それとも70歳から公的年金を受給するのかどうかの
作戦は変わってくるのではないのかと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

ONARA

Author:ONARA
46歳貯金1000万円少々で
リタイア生活はじめました。
「無理なく」「無駄なく」を
モットーにしている
マンション管理士
(近日開業予定)です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ