FC2ブログ

自分が困難にぶつかった時に読んで力になった本 小・中・大 ~ 大編 ~

さて、前回は「私は魔境に生きた」を紹介して、
ここからは紹介する本が
どんどんヘビーになっていくと言っていたのですが、
今回大編として紹介するのは大も大であり
重厚長大小説の最たるものであって、
想像がだいたい付く方には
ああ、アレやろなとか思われてるあの大作です。



自分が困難にぶつかった時に読んで力になった本
~ 大編 ~は、

「人間の條件」(全6部)
五味川 純平 著です。

もちろんこれは仲代達矢さん主演で映画化もされて、
1部と2部で1本、3部と4部で1本、5部と6部で1本
の計3作の映画が1年毎に作られて
合計で9時間31分という
一時期まではギネスブックにも載ってたという
とんでもない作品の原作本でもあります。

実は自分は映画はまだ未見ですが、
調べてたらHuluのお試し2週間で
無料で見られるようなので
暇が出来たら一度見てみようかなと・・・



ご存じの方も多くいるかと思われる話のあらすじは、

戦前に左翼学生運動に関わって
卒業後に満州に渡って国策会社の事務員をしていた
主人公の梶が太平洋戦争突入後に起こる
さまざまな波乱万丈の事件を乗り越えるも、
憲兵に目をつけられて
左翼運動家の活動歴のこともあり
その結果として酷寒の満州の国境守備隊に
兵隊として送られてしまう。

日本が終戦する直前になって
国境を越えてきた侵攻してきた
ソ連軍の猛攻撃を耐えて生き抜くも、
妻が待っているはずの南満州への逃走の途中で
ソ連軍に捕捉されて降伏し
収容所に入れられてしまう。

その後満足な被服も持たないまま
収容所を脱走するも、
冬がどんどん深まっていく満州の大森林の中で
ついに梶は力尽きて
雪の中で倒れ込むラストシーンを迎えます。



この作品は作家五味川純平のデビュー作であり、
自身の満州での軍隊経験を基に
話を膨らませて書いた物語というだけあって
かなりのリアリティを感じさせます。

反戦文学とか左翼作品とか言われてはいますが、
それ以前にもっとスケールの大きい部分での
人間としての生き方や宗教観みたいなものが
根本的に問われている作品だと思いました。

人間らしい生き方とは何か?
愛とは何か?
友情とは何か?
善悪とは何をもって測るべきなのか?

令和の時代になっても
普遍的なテーマへの問いが
作品の根幹にあるので、
いつ読んでも世界観に引き込まれるし
長編にも関わらず
最後まで一気に読みたくなってしまいます。

ただ一点、うーんって思ってしまう所は
主人公の梶があまりにも
精神的にも肉体的にも強靭すぎて、
本当にこんな人間が存在できるのだろうか?
って思わせてしまうところで、

酷寒の満州での雪上での最後のシーンは
映画においても大変有名な
ラストシーンらしいのですが、
この本の続編の小説には
実は梶は生きていたってことで
再度物語に登場してくるのだから
どんだけ不死身なんだよって
突っ込みたくなってしまいます。

ですが、
とにかく不条理な時代の戦時中の満州で
どんな困難にぶつかっても
決して自分を曲げようとしなかった
梶の精神力と行動力には
50代になった自分でも元気をもらえます。

何度も書いているようにとても長い作品なので
時間が多く取れるようなときには
重厚長大小説の見本のような
こんな作品も読んでみることを
お勧めしたいと思います。
スポンサーサイト



自分が困難にぶつかった時に読んで力になった本 小・中・大 ~ 中編 ~

さて、前回はかもめのジョナサンを
紹介したのですが、
ここからは紹介する本が
質・量共にどんどんヘビーになっていきます。

今では名著との評判が高くなり
多くの書評も書かれている本なのですが、
自分がこの本を読みまくっていた
10年以上前ぐらいでは
かなりマイナーな本だった気がします。

とにかく自分が力仕事の
フルタイムアルバイトをしていた時代に
セミリタイアをあれこれと夢想しながらも
この文庫本をボロボロになるまで
何ども読みまくって
精神的に支えになった1冊ではあります。

自分が困難にぶつかった時に読んで力になった本
~ 中編 ~は、

「私は魔境に生きた」
副題は(終戦も知らず
ニューギニアの山奥で原始生活十年)
島田 覚夫 著です。

太平洋戦争時に戦地であった
ニューギニアに派遣された
軍人さんのお話なのですが、
いわゆる戦争体験記的な話は
最初のほんの触りの数十ページだけ、
残りの大部分のページは
アメリカ兵から逃れて
仲間たちと人里離れたジャングル内で
10年間サバイバル生活する
壮絶な物語になっています。

単純にサバイバル物語としても
非常に面白い内容になっていて
一度読み始めると
寝るのを忘れて読みふけってしまうような
感じなのですが、
教訓や学びのようなものも
この本からは
かなり得られるんじゃないかなと思います。

どんなに困難に出くわしても
創意工夫と熱意でもって
克服できてしまう的な話が
何もないゼロからの段階を踏んで
これでもかこれでもかと
言った感じで出てくるのですが、
その大前提として
集団のリーダー的存在でもあった
作者が守ったのが
全員の心の団結だったと思います。

過酷なジャングル生活で
大きなことを成し遂げるには
一人では困難なことが多く、
できるだけ大きな集団での力が必要なので
お互いが助け合って
組織全体の利益の為に事を運んでいかなければ
共倒れして全員が生きていけないってのが、
身をもって感じられたのでしょう。

こういう組織の統制を重んじる話は
現在社会でも
十分に通用する教訓だと思います。

後半に出てくる
イノシシや鶏を飼育する話や、
偶然接触することになった原住民と
交流する話では、
若干、食生活には余裕が出てきたのか、
面白おかしくユーモアも交えて
書かれたりしていて、
このあたりの困難を乗り越えた後の
作者の心境の変化も感じることができました。

セミリタイア生活にも
何かしらヒントになったり
応用できるような話が
ふんだんに盛り込まれている内容だと思うので、
まだ読んでない方には
一度は読んでみることを
オススメしたいと思います。

自分が困難にぶつかった時に読んで力になった本 小・中・大 ~ 小編 ~

昨日上げた記事で
困難を克服できてこそ人生楽しいのか?
みたいなのを書きましたが、
何を隠そう今日から3回に渡って書こうとしている
自分の愛読書の紹介につながっています。

書籍のアフィリエイト広告に誘導して
小銭をせしめようとかは考えてないので、
アマゾンとかのブックスストアへのリンクは
貼ったりはしないのであらかじめご了解を・・・

困難にぶつかった時に読んで力になった本の
ますは「小」編ということで、
どっちかというと軽いボリュームで
読んで人生の力になるような本を
今回は紹介します。

自分が困難にぶつかった時に読んで力になった本
~ 小編 ~は、

「かもめのジョナサン」
(Jonathan Livingston Seagull)
リチャード・バック著です。

いきなりに超有名な本を出してしまって恐縮です。

でも、この本を読むと生きていくことについての
いろんなことを考えさせられます。

ストーリーは非常に有名なのですが
かいつまんで話させてもらうと、

ジョナサンという名のカモメは
群れの他のカモメが
エサを摂るためにしか飛ばないのを疑問に思い
他のカモメより高度な飛行技術を
食べることも忘れて習得し
群れから変わり者扱いされて仲間外れにされます。

しかし独りで高度な飛行訓練を繰り返してうちに
ジョナサンの賛同者が少しずつ現れ
ついにはジョナサンは神格化されていくのですが、
ジョナサンに教えを求めに来るものは
些細な飛ぶ技術だけを求めて
飛ぶことの目的や精神をないがしろにしてる
ということにジョナサン自身は嫌気がさしていき、
やがては賛同者も去って
ジョナサンがいろんなカモメに教えていった事も
形骸化・儀式化していくという話です。

自分がこの本からまず学べるのは、
カモメ社会と同じように
人間も共同の社会生活をしているとはいえ
人それぞれの個性というものがあるのだから
必ずしもすべてのことに対して
他人と同じような横一列になる必要は
ないということですかね。

そして他人から相手されなくても
その道を極めて行けば
いつか認めてくれる人も現れる「だろう」という
ことですかね。

この本は内容の真意を裏読みすれば
いくらでも感想が出てきそうな類の
本だと思うのですが、
自分が作者がジョナサンを通して言いたかったと感じるのは
いくら素晴らしい飛行技術を習得できたとしても
その人(この物語ではカモメだが)の
生きる目的に合った上で習得するのでなければ、
習得した高度な飛行技術は無意味なんじゃないかなと。

そういう意味では
ジョナサンにとっては食べるのも忘れて
高度な飛行技術を習得したのは
それはそれでアリだったけど、
それを特別に必要としないカモメにとっては
ただ日々のエサにありつけるだけの飛行技術があれば
それはそれでよくて
すべてのカモメがジョナサンみたいな高い志を持つ
必要もないってことかな・・・。

困難を克服できてこそ人生は楽しいってのはセミリタイアにも当てはまる?

先に結論から言ってしまうと、
そりゃ困難を克服するより
最初から困難が無い方がいいに決まってますよ。

でもね。いつも言ってるように
それはよほどの運に恵まれた人でないと
できない生き方だと思うんですよ。

世の中のほとんどの人は
なんらかの困難にぶつかりながら一生を生きて行く、
それを避けて通るか克服していくのかもその人次第。

まあそれはどっちでもいいんだけど、
後々悔いが残らないように
生きていきたいとは思いますね。

で、自分は自分のやりたいことを
やって生きていきたい。
そのためには世間一般の人のように
フルタイムであくせく働いてたらもう時間がない。

幸いこれまでにある程度の資産を築いて
なおかつ子供もいないので
もうこれ以上フルタイムで働くと
死後に資産が余ると感じたので
セミリタイアをしていますが、
子供を作れなかったことは
やっぱり悔いの残るところです。

でももう不可能なものは仕方ありません。
残りの人生は次善の策としてのセミリタイアで
生きて行こうとしています。

そして今後の人生は残り少ないと思うし
おそらく気力体力も衰えていくと思います。
そういったいろんな制約の中で
果たしてどうやって困難を克服しながら生きて行くか
それをあれやこれやと試行錯誤していく人生も
またアリなんじゃないかなと思っています。

2020年5月末 貯金残高

月が替わったので、前月末の貯金残高を書きます。

【2020年5月末 貯金残高(株式評価額含む)】

8,971,696円

先月は臨時の大きな出費(5000円以上)は

・通勤定期券代6ヶ月分(交通通信費)

がありました。

貯金額は4月末より約70000円ほど減っていますが、
株式評価額の含み益が約49000円出ているので
その分を除いた収支はマイナス120000円ぐらいでした。

先月5月は給与収入は無収入ですが、
ようやくにして振り込まれた
失業保険の過去の支給漏れ分や
株式配当やポイント等で20000円以上の
不労収入がありました。

しかし(政府からの)給付金100000円は、
未だに申請用紙すら届いていません。(怒)

但し、以下の記事は今月6月中に
給付金が支給されるという前提で書きます。

今月6月の貯金額の予想は、
病院の検査代がありますが
プラス90000円ぐらいを予想しています。

預貯金推移はこんな感じです。

13/9末(半リタイア開始時) 1175万
14/9末 1174万
15/9末 1158万
16/9末 1110万
17/9末 1087万
18/9末 998万
19/9末 956万

19/12末 952万
20/1末 950万
20/2末 932万
20/3末 914万
20/4末 904万
20/5末 897万

20/6末(予定) 906万ぐらい?
20/7末(予定) 907万ぐらい?

来月7月の貯金額の予想は、
固定資産税2期目分の支払いがありますが
6月の労働時間が若干長めのための収入増で
プラス10000円ぐらいを予想しています。

支出の明細(1000円単位)です。

・食費 約28000円
・住居費 約8000円
・光熱水道費 約10000円
・家具・家事用品 約7000円
・被服及び履物 0円
・保険医療費 約26000円 
・交通通信費 約54000円(除定期代約4000円)
・教養娯楽費 約4000円
・その他支出 約0円

202005預貯金推移
プロフィール

ONARA

Author:ONARA
46歳貯金1000万円少々で
リタイア生活はじめました。
「無理なく」「無駄なく」を
モットーにしている
マンション管理士
(近日開業予定)です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ