FC2ブログ

トイレに簡易の「ウォシュレット」を設置してみました

「ウォシュレット」をカッコ書きにしたのは、
これがTOTOの登録商標の商品名で
他社ではシャワートイレとか呼んでいるらしいので
あえてそうしてみたのですが、
便座から水や温水を出してお尻を洗うものは
世間的にはウォシュレットで通用してるみたいです。

以前から言っているように
自分は就職活動中とは言え職業訓練校を修了し
時間が空いていることをいいことに
いろんなことにトライしようとしています。
「ウォシュレット」設置もその中の一環で、
ちょっとしたDIYみたいな感じで
半分興味本位で工作する楽しみの為に始めてみました。

先週の日曜日に中国製の4000円弱のものを
Amazonで注文して火曜日に商品が到着したので、
火曜日に早速作業をしようとしたら、
水道の元栓を止める部分のボックスの鍵は
マンションの管理会社が持っていることに気づき
早速マンションの担当フロントに電話・・・
するとその人と別の人間がその日たまたま
うちのマンションに来る用事があり
そのついでにボックスの鍵を開けておくとのこと。
仕方なく作業は明日にしようと思い
その日はスヤスヤ眠りにつきました。

翌日の水曜日早速ボックスを開けて
作業をしようとすると、
なんとボックスは開きません・・・
イヤな予感がして隣の家のボックスを開けてみると、
なんと隣の家のボックスが開くではないですか・・・
早速再度マンションの担当フロントに電話して
開けるボックスを間違えているので
再度やり直しに来てくださいと言うと、
仕事帰りの夕方に
担当フロント本人が行ってやり直すとのこと。
夕方にフロントがやってきて作業をやり直していき
うちの家にも謝りにきましたが、
仕方なく水曜日の作業は諦めて
木曜日に再度出直すことにしました。

そして翌日の木曜日ボックスを開けて元栓を閉じ
作業をしようとすると、
トイレタンクへのフレキの給水配管の長さが
製品に付属していた30cmのものでは
長さが若干足りないことに気が付いて作業は中止。
Amazonで35cmのものを800円ぐらいで注文し直して
その配管の明日の到着を待って
再度作業をすることにしました。

そして翌日金曜日再度ボックスを開けて元栓を閉じ
作業を進めていきました。
しかしここでまたも重大な手落ちが発覚・・・
手持ちのプライヤーでは
トイレタンクに接続した配管のねじ締めが
固すぎて開けられず
ある程度大型のモンキーレンチが必要と判明しました。
その日も仕方なく作業は中止
今度はAmazonである程度大型のモンキーレンチを
1500円ぐらいで注文して
明日の到着を待ちそれから作業をすることにしました。

そして翌日土曜日になったのですが、
待ち望んでいたモンキーレンチは
結局夜になるまで到着せず・・・
作業はまたまた諦めて翌日日曜日にすることとしました。

そして今日日曜日
ようやくウォシュレットを付ける
工事にとりかかることができ無事終わりました。
温水の配管はなかったので水しか出ないのですが
試運転の結果も上々
素人水道工事にしては
上出来に付けることができたかなと・・・

しかし軽い気持ちで始めたにしては
結局6000円以上使って期間も1週間かけてしまい
なんだかなあという思いは残った今回のDIY作業でした。
スポンサーサイト



「セミリタイア」は絶対に暇にはならないし暇になるのは「無職」

最近、セミリタイアしたので暇だとかいう記事を
多く見かけるので、
それについて自分が感じていることを
ちょっと長いですが書いてみました。

こういう議論で不毛な議論になりがちなのは、
そもそも万人に通用するような
「セミリタイア」の概念を定めたがらないのと、
その理由として
「無職」や「主夫」では家族や他人に対して恰好が悪く
全く働かずとも「セミリタイア」という
対外的名称にしておきたいという人が多いのが
一番大きいのではないかと思っています。

「暴力団」が「ヤクザ」を対外的名称にしておきたかったり、
逆に以前にネット上で流行った
「暴走族」という呼び名は
対外的に恰好よく見えるから好んで使いたがるので
「珍走団」にしようとか、
まあそういうのと同じですかね。

自分は一日6時間以下の労働時間で
なんらかの労働をしている人を
「セミリタイア」している状態だと思っていますが、
これは自分が正社員時代に
一日の労働時間が7時間だったから
それをフルタイム労働と考えると
それより少ない労働時間はパートタイム労働かなと
捉えることができるからなのですが、
一日の労働時間が7時間以上でも、
それが週3日以内とかなら
それもパートタイム労働と考えて
「セミリタイア」としていいと思います。

で、実際「セミリタイア」を主張している人で
そのようなパートタイマー労働をしている人が
大多数かというと
そんなにそういう人はいないですよね。

かくいう自分も今は「無職」です。
但し失業保険受給中で就職活動中という
特別な立場に置かれているがゆえの
「無職」ではあります。

「無職」になって暇でやることがない立場になりたい
という人もいるかもしれません。
それこそ以前自分が記事にした高齢で無能なら
社会の方が働きに出てくるのを拒否してくるのだから、
「無職」で引きこもりであとは死ぬのを待つだけになるのが
他の選択肢よりも「マシ」な生き方なのでしょう。

以前から言っているように自分はそれは嫌なのと同時に
そういう主張も理解できます。

ただその生き方を良しとするのなら
何千万もお金を貯める必然性はないし
結婚もする必要はないし
子どもを作るなんてもってのほかで、
その日暮らしでお金が尽きれば
生活保護を受給して暮らしていけばいいのでは思っています。

自分がセミリアタイア開始した頃(7年ぐらい前)に
ネット上で話題になってたなんちゃらBPさんも
いざとなれば生活保護受ければいいんだから
遊んでても問題ない的な論理を展開されていましたが、
自分なんかはそれを端から見てて
じゃあその通りに
生活保護受けて暮らせばいいのにと思ってたけど、
なぜか受けようとしなかったから
おかしいなあと思ってました。

結局くだらない体裁を気にしていただけなのかなと。



ということで自分が最近思っているのは、

・「セミリタイア」は労働アリなんだから
暇になんかなりっこない。

・稼働年齢で働かないのは「無職」や「主夫」なんだから
なぜ体裁を繕って「セミリタイア」とかにする
必要があるのか。

・「無職」や「主夫」を「セミリタイア」ということに
したいのは単に体裁だけじゃなくて、
「セミリタイア」は良いものだと勘違いさせて
自分が紹介してる本や商品のリンクをカモに踏ませて
アフィリエイトの収入にしたいというのもあるでしょう。

・同じ「無職」でも
無職になって何かをやりたい目的を持って
リタイアしている人は暇になんてならないと思う。
但しその場合はそれなりにお金もかかるだろうし、
若いうち限定でしかできなくて歳老いたらできない
ということもあるだろうなと・・・



ちなみにブログ村には無職のカテゴリーが存在します。
無職日記
https://diary.blogmura.com/unemployed/

自分はもうすぐ働く予定ではあるので
無職カテゴリーに移るつもりはありませんが、
最近このカテゴリーも知られてきていて
セミリタイアカテゴリーから
こっちに移ってきてる人も増えているようなので
それは良い傾向で、
無職の人と労働アリのリタイアの人との住み分けができて
見る人にとっても分かりやすくなってくるのでは
ないかと思っています。

「完全リタイア」になって時間ができるようになったらお金をよく使う

自分は去年4月からはずっと無職状態なのですが、
実際には毎日図書館に通って
行政書士試験の受験勉強をしていたり
職業訓練校に通っていたりで
無職というよりは
フルタイム学生みたいな感じでした・・・
しかし、先月いっぱいで職業訓練校は卒業したので
同じ無職状態でも
ようやく「完全リタイア」という感じになっています。

時間ができたので
今月は旅行予定を(1泊2日と2泊3日の)2回入れたのと、
あとは家にいる時間も長くなったので
趣味的活動に時間をかけるために、
収支報告の記事にも書いたのですが
長距離受信BCL用ラジオを3万円弱で購入したのと、
さらにこれも以前の記事に書いたのですが
パソコンのモニターの画面が時間が経つと
パカパカ点滅するようになってしまったので、
思い切って32型の大型モニターを2万円強で買い替えました。
どちらもクレジットでの引き落としは来月3月になります。

それらでかなりお金を使ってしまい、
以前の記事では
おそらく今年3月で950万円以上残っているから
あと年金受給まで7年の84ヶ月分で割った
月11万3000円以上はあるでしょうとか
豪語(?)していたのも多分実現不可能っぽくなりました。
但し、これから2ヶ月弱で持ち株の評価額が上がれば
ひょっとすれば950万円行くかもしれませんが・・・

ラジオと言えば、今はインターネットラジオの時代になり
中波(AM波)の電波帯を使った放送は
近い将来に全て停波するのではないかと言われています。
なのでラジオ長距離受信の楽しみも今のうちということで
早まって買ってしまったということは
あるのかもしれません・・・

あと旅行についても2泊3日のものは両親と行く旅行で、
お互い元気でいられる時間も残り秒読み状態だと思うので
早めに楽しんでしまおうという感じです。
(両親との旅行は両親に費用を出してもらいますが・・・)

時間や健康は金では買えないし、
若いうちに使うお金の価値と
ヨボヨボに老いてから使うお金の価値では
全然違うと思っているので、
早めに自分がやりたいことに対してお金を使っておくのは
特に自分の場合は子供にお金を残せない立場である以上
絶対的に正しいのではないかと感じています。

普通の人が働いている平日の8時間にセミリタイア者はいったい何をするのか?

煽るようなタイトルの書き方なのですが、
この記事ではあくまで自分が今後
普通の人が働いている平日の8時間に
いったい何をしようか?何をすればいいのか?
という観点から考えて
いろいろと書いていきたいと思います。

さて、自分が今後やっていきたいこととしては

・マンション管理士での自営業

ということになるのですが、

これについてはいろいろと準備も必要ですし、
まだ実務的な経験も積みたいということで
もう少し雇われ仕事をやろうと考えており、
その中でミニマムな副業として
自営業を開始しようかなというのが
今のところの目論見です。

なので自分が今後(近い将来)に
平日昼間やっていくことの分類としては

① 雇われサラリーマンとしての仕事

おそらくフルタイムではなく
パートタイマーでの就業になるのでしょうが、
雇われの仕事は将来のマンション管理士での起業に
つながるような仕事を選んでいきたいですね。
でも今後雇われで働くのは
長くてあと3年ぐらいかな・・・

② マンション管理士による起業

これもフルタイムではなく
おそらく最初はミニマムな副業として開始しそうです。
事務所は構えず自宅開業とし
但し自宅はマンションなので
開業届上の住所として
私書箱付のバーチャルオフィスは持ちたいと思っています。
あとはインターネットを使った宣伝と集客を考えています。

以上は仕事としての平日8時間の使い方なのですが
その他には趣味の時間として

③ 家庭菜園を楽しむ

これは近所の土地(水道+小屋付)を
賃借してやろうと思っていますが、
①や②の状況によっては
開始は後回しになるかもしれません。
ただ自分の希望としては今年2020年中には
開始出来たらいいなと考えています。

更に①②③をした上で余裕ができればですが

④ 行政書士の資格を取得する

ご存じの通り去年11月に行政書士試験を受けたのですが、
先日結果が返ってきて結局300点満点中166点で
合格点に14点足らずに不合格でした。

それだけの点数が取れたなら
今年もう一回受ければ受かるだろとの声は
正直よく聞こえてきますが、
自分の今のところの考えだと上記①②③が忙しく
なおかつ今年4月に民法大改正があって
その影響がうかがいしれないので、
今年は行政書士の試験を受けるのは
様子見にしたいなと考えています。

但し、来年以降に再受験することは
時間と体力気力が許せばやぶさかではありません。

2020年1月末 貯金残高

月が替わったので、前月末の貯金残高を書きます。

【2020年1月末 貯金残高(株式評価額含む)】

9,496,686円

先月は臨時の大きな出費(5000円以上)は

・布団セット代(家具・家事用品)

の他に最終31日に職業訓練校の連中と飲み歩いた

・飲み会代(食費)

がありました。

貯金額は12月末より約20000円ほど減っていますが、
株式評価額の含み損が約16000円出ているので
その分を除いた収支はプラスマイナスゼロぐらいでした。

今月2月の貯金額の予想は、
旅行の交通費と4期目分の固定資産税支払いがあって
マイナス20000円ぐらいを予想しています。

預貯金推移はこんな感じです。

13/9末(半リタイア開始時) 1175万
14/9末 1174万
15/9末 1158万
16/9末 1110万
17/9末 1087万
18/9末 998万

19/8末 958万
19/9末 956万
19/10末 956万
19/11末 951万
19/12末 952万
20/1末 950万

20/2末(予定) 948万ぐらい?
20/3末(予定) 945万ぐらい?

来月3月の貯金額の予想は、
BCL用大型ラジオ受信機代の支払いがあり
(一応、家具・家事用品の分類で上げる予定)
マイナス30000円ぐらいを予想しています。

支出の明細(1000円単位)です。

・食費 約31000円
・住居費 約11000円
・光熱水道費 約7000円
・家具・家事用品 約19000円
・被服及び履物 約3000円
・保険医療費 約22000円 
・交通通信費 約4000円
・教養娯楽費 約5000円
・その他支出 約1000円

202001預貯金推移
プロフィール

ONARA

Author:ONARA
46歳貯金1000万円少々で
リタイア生活はじめました。
「無理なく」「無駄なく」を
モットーにしている
マンション管理士
(近日開業予定)です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ