FC2ブログ

今の時代は「無能」なら働かない方が幸せ

最近、セミリタイア界隈でよく聞こえてくる
このような主張なのですが、
(特に〇らげ〇こ氏が
最近よく言ってるような気がします・・・)
自分はこの主張については結構賛成派です。

今の時代の搾取する側とされる側が
ほぼ真っ二つに分かれてしまっている労働環境では
搾取する側は安価で重労働に耐えてくれるような
労働者しか求めていないので、
「無能」な人ならそのような環境で
東南アジアから来た若くて安価に働いてくれる
技能実習生と競って
単純労働に従事するしかありません。
そして頭脳労働のほとんどはAI化されてしまって
クリエイティブな仕事を
ごく一部の「優秀」な人間が行っているに
過ぎなくなってしまっています。
このような状況では「無能」な人が
定年までずっと働いていくのは
あまりにも過酷ではないのかと思ってしまいます。

翻って自分のことを鑑みてみると、
自分は上位1割以内に入るような有名大学に入って
これも上位1割以内に入るぐらいの高身長、
新卒で一部上場企業に入って40代前半までは
人並み以上の給料をもらってた
古い言葉で言うといわゆる「3高」でした・・・
(もちろん無職である今でも
学歴と身長の2高は残っていますが)

なのでもはや金銭的には一切働かずに
引きこもって生きるのが
可能な身分なのにも関わらず
それでは人生つまらないなと思ってしまいます。

「まだまだ人生終わってないし
やれることは沢山あるなと・・・」

自分自身を「無能」と自覚するなら、
何もせずに引きこもって
死ぬまで生きていくのも
「アリ」かなとは思うのですが、
自分自身を「無能」とは思えない場合に
果たしてどう生きていくべきかってところで
未だにあれこれと迷い悩みます。

もちろん50代にもなると
物理的に厳しいこともあります。
子供を作って育てることが
その中でも一番大きくて
これが不可能なことによって
人生はかなり制約されるなと思います。

自分がこうやってセミリタイアの道に入ったのも
資産を残してあげられる子供がいないから
これ以上働いてお金を貯めたところで
使い道なく余ってしまい
死後に国に没収されてしまうのがアホらしくて
仕事量をセーブしたいなと思ったのが
その一番大きな理由ですし・・・

しかし自分は「無能」ではないと
上記の客観的材料で思えてしまっているから
まだこれから自営業で働きたいし
結婚もしたいしって感じですね。

但し、順序として、
結婚は自営業が軌道に乗った後と決めているので
自分の今後の人生の目標としては
まず第一に → 自営業を始めて軌道に乗せること
その次に → 結婚すること
この2つを挙げたいと思っています。

あくまで目標なので
実現するのかどうかはまた別の問題です・・・
スポンサーサイト



自分の資産バッファは今後購入予定の家(マンション)です

前回の記事で、自分の年金受給事情と絡めた
資産事情をいろいろと書き連ねてみましたが、
実際には今後全く働かずに月113000円の予算で
死ぬまで引きこもり生活をしていくつもりは
毛頭ありません・・・
(そうしたくなってしまう悪魔の誘惑に
駆られてしまうことは最近多々ありますが・・・)

自分は前回の記事でもチラっと書いた通り、
両親からの遺産相続を
今後ある程度は受けられるつもりではいます。
(1000万円程度?)

ですが、これはあくまで希望的な観測の類であって
確定的な話ではありません・・・

それに個人的には持ち家独身高齢者が
月113000円も使えるのなら
十分すぎる生活ができるのかなとは思うのですが、
将来には何が起こるかはわかりません。

自分は車を運転して交通事故を起こす
リスクを取りたくない主義なので、
セミリタイアを決め込んでからは
一切車を持たず運転もせず
近い将来には自転車すらも処分して
運転免許も返上しようとしているのですが、
76歳の父親は未だ自家用車を持って運転しています。
何か事故でも起こしたら子供である自分にも
損害賠償とかが飛び火しないとも限りません。
(ちなみに自分は父親が70代の間は
自家用車の運転を許しています。)

そういうお金が想定外に大量に出ていってしまうのを
担保してる材料が
自分の場合は将来購入予定の家(マンション)
ということになります。

今自分が住んでいるマンションは築29年
80歳を迎える時点でのプラス27年の
築56年のマンションも
住んで住めないわけではないと思うのですが、
相当には老朽化しているので
管理組合から建て替えの話が出ないとも限りません。
それに自分の場合は前回の記事でも書いたように
月113000円が27年間に
プラス1000万円程度の遺産相続が見えているので
おそらくこの額は使い切れないであろうと思われます。
なので今の住んでいるマンションを
いつかは買い替えたいと考えています。

自分が考えている買い替えのタイミングとしては、
今からあと12年後ぐらいの
築41年ぐらいのタイミングで売りに出して
次に住むマンションを探すつもりです。
幸いに自分が住んでいるマンションは
政令指定都市内の駅近のマンションで
利便性があるので
たとえ安くても買い手がつかないなんてことは
ありえないと楽観しています・・・

ということで想定外の出費が増えれば増えるほど
あるいは将来の遺産相続額が減れば減るほど
次に自分が買う予定の
マンションのグレード(価格)が下がっていく・・・

そんな感じで自分の場合は将来購入予定の自分の家が
資産バッファということになるのかなと考えています。

公的年金は60歳から繰り上げで貰うことにしました

さて今回は、
最近は他の人のセミリタイアブログを読んでいても
いろいろと喧々諤々(けんけんがくがく)の議論がある
年金受給の問題の話になります。

自分は当初の予定では70歳からの繰り下げ受給を考えていて、
その後は65歳からの普通のタイミングでの受給に
考え方を変更していたのですが、

(参考)
プロフィールのまとめ的なもの
http://1022bluedragons.blog.fc2.com/blog-entry-33.html

去年に心臓の病気にかかったのを機に、
60歳より繰り上げて公的年金を貰うことにしました。

それと共に84歳までは維持しようと思っていた
自分自身の資産も
79歳には無くなる前提に変えました。

80歳までにはおそらく自分は死ぬだろうということです。
そしてまかり間違って80歳以上まで生きてしまったら
生活保護受給者になろうかと思っています。

まあ、そのあたりの考え方は過去の記事

生涯未婚のセミリタイア者はポートフォリオに生活保護費受給を入れてもいいと思う
http://1022bluedragons.blog.fc2.com/blog-entry-196.html

でも書いた通りです。
(受給開始年齢が5年ズレただけです。)

あと7年とちょっとで年金受給者になるので、
最低限その間の生活費を用意できれば
残り20年間(60歳~79歳)の人生は
年金で賄っていけるわけです。

ちなみにその年金については、
自分は個人年金に加入しているので
・60歳~64歳 月額60000円
・65歳~69歳 月額120000円
・70歳~74歳 月額60000円
が受給でき、

それとは別に60歳から繰り上げ受給で公的年金を
・60歳~(終身)月額53000円
(ねんきんネットの受給額試算より)
受給できるので、
60歳からの20年間は月々60000円+53000円の
11万3000円を受給して生活していけることになります。

そして現在は失業保険受給中で
おそらくそれが来年3月までは受給できるため
今ある960万円ほどの貯金は
それまで減らないだろうと予想されます。

仮に950万円だとして、7年間の月数84で割ると
ちょうど11万3000円ぐらいになります。

なので今後全く働かず無収入だったとしても、
79歳までの27年間は月額11万3000円の生活費があって、
さらに両親よりの遺産相続見込み額(1000万円程度?)
があるので、
もはやよほどのことがない限り金銭的に困窮することは
ありえない状況にはなってきたなと思います。

それを踏まえた上で、
さてこれからの人生どう生きていくか
ということになるのですが、
これも実はかなりの部分で構想は固まってきていますが、
このあたりは次回以降の記事で
おいおいと書いていくことにしたいと思います。

簡単に近況報告と今後の予定

行政書士試験の受験が終わったため、
以前よりの予告通り
今月よりブログの月5回更新を復活しようかと思います。

そして行政書士試験の受験結果なのですが、
自己採点の結果どうやら合格点には届いてない模様なので
おそらく不合格になりそうです。
そこまでボロボロな点数ではなかったにしろ
やはりかなり難しかったです。

なお、来年以降に再受験するつもりは
今のところありません・・・

そして月次の収支報告でもお知らせしているように
現在は失業保険を受給しながら
職業訓練校に行っています。(来年1月いっぱいまで)

但し、今月11月に関しては支給日が翌月にズレる為
支給金額が少ないということは
これも収支報告に書いた通りです。

あと先月の終わりぐらいに
病院で心肺機能の検査を受けてきました。
結果は良好だったということで、
去年よりの自分の心配事だった心臓の病気については
かなりの回復をしているということで、
今後は病院に来なくてもいいということになりました。

但し、家の近くの内科の紹介状を書いてもらって
今後は2ヶ月半スパンでの診察と
毎日飲む薬を処方してもらうということになっています。

とりあえず簡単な現在の近況報告と
極々近い将来の予定としてはこんな感じです。

さらにその後のライフプランについては
もちろん構想はありますが、
次回以降の記事でおいおいと書いていこうかと思っています。

2019年10月末 貯金残高

月が替わったので、前月末の貯金残高を書きます。

【2019年10月末 貯金残高(株式評価額含む)】

9,557,648円

先月は臨時の大きな出費(5000円以上)は

一泊二日の旅行に行って
その際の宿泊代が
手違いで予想外に多くかかったので、

・宿泊代(教育娯楽費)

明日から3ヶ月間の間
職業訓練校に通うことになったので、

・3ヶ月分定期代(交通通信費)

病院で心肺機能のドレッドミル検査を受けたのと
その際の診察代及び2ヶ月半分の薬代として

・病院での検査代(医療保険費)

がありました。

貯金額は9月末よりほぼプラマイゼロとなっていますが、
株式評価額の含み益が約65000円出ているので
その分を除いた収支はマイナス70000円ぐらいでした。

今月11月の貯金額の予想は、
職業訓練校でテキスト代があり
また月間の失業保険の給付が後払いとなったため
40000円ぐらいのマイナスを予想しています。

預貯金推移はこんな感じです。

13/9末(半リタイア開始時) 1175万
14/9末 1174万
15/9末 1158万
16/9末 1110万
17/9末 1087万
18/9末 998万

19/5末 980万
19/6末 974万
19/7末 972万
19/8末 958万
19/9末 956万
19/10末 956万

19/11末(予定) 952万ぐらい?
19/12末(予定) 953万ぐらい?

来月12月の貯金額の予想は、
固定資産税の3期目分及び
布団上下セット分の支出予定がありますが、
失業保険給付に通所手当と受講手当があるため
10000円ぐらいのプラスを予想しています。

支出の明細(1000円単位)です。

・食費 約19000円
・住居費 約8000円
・光熱水道費 約14000円
・家具・家事用品 約10000円
・被服及び履物 0円
・保険医療費 約30000円 
・交通通信費 約55000円
・教養娯楽費 約9000円
・その他支出 約6000円

201910預貯金推移
プロフィール

ONARA

Author:ONARA
46歳貯金1000万円少々で
リタイア生活はじめました。
「無理なく」「無駄なく」を
モットーにしている
マンション管理士
(近日開業予定)です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ