FC2ブログ

宅地建物取引士試験に合格しました

昨日11/29日に試験主催者の
不動産適正取引推進機構のHPにて
自分の受験番号が合格者一覧の中に
出ていることを確認しました。

試験当日の自己採点にて
ボーダーラインとされていた得点よりも
かなり上の得点を取れていたので、
正直なところ最近になっても
高みの見物状態だったのですが、
とりあえず合格が決定して
つい先ほど書留郵便で合格証も届いたので
ホッとしています。

そして宅建士合格後の登録実務講習を
どうしようか少し迷っていましたが、
これも勉強のつもりで
来年のゴールデンウイーク明けぐらいに
受けてみようという方向にしています。
(今年3月以前に受けると
定期預金が満期になっていないので
受講料の支払いが金銭的に厳しいため)
但し実務に使うことはおそらく無い為
取引士証は交付申請しないと思います。

将来、マンション管理士兼行政書士として
仕事をしていくことを考えているので
宅地建物取引士試験で勉強した知識が
必ずや役立つであろうと思うのと同時に、
今自分が購入して住んでいるマンションも
65歳を過ぎた後は売りに出し
別のマンションを購入する予定でいるので、
その時にも不動産取引に関する知識は
相当に役立ってくれるのではないのかと
思っています。
スポンサーサイト



「敬遠」 ~敬って遠ざけるということ~

「敬遠」という言葉は、
ピッチャーが相手の強打者に対して
無条件に一つ塁を与える代わりに
2塁打以上の長打を避けるみたいな
野球用語としてよく知られていますが、
本来の意味としては、
このタイトルにもあるような
「表面はうやまったような態度をして、
近づくのをさけること。」
という意味のようです。

ところで、自分はどうやら
この「敬遠」というのをされがちです。
年齢を重ねてからは特にいろんなところで
それを感じたりします。

今自分がやっている
マンション管理人の職場においても
全くそんな感じです。

最初は中年パートタイマーという
低い立場の自分に対して
舐めた口を聞いてくるような人も
多くいたのですが、
それに対して理路整然と嫌味も多少交えて
チクチクと反論すると
相手は例外なくグゥの音も出なくなり黙りこみ
以降は自分に必要最小限以外には
話しかけなくなります。

後で入社時の履歴書に書いた自分の学歴職歴や
一部のマンション住人には喋ってしまっている
マンション管理士の資格持ちなのを知って、
「敬遠」の態度に変わったのかもしれません。

もう何年も誰にも文句を言われないまま
仕事をしているので
たまには歯ごたえのあることを言ってくる
豪気な人も見てみたいものなのですが、
このピラミッド構造のマンション管理の業界では
そんな人は表立って出てこないのでしょうね・・・

=====

自分はインターネット上では
ブログ村というコミュニティに所属して
ブログで自分の意見をいろいろ書いているのですが、
ここでもなんとなく「敬遠」の雰囲気は感じています。
あいつは口うるさいから
あんまり相手にしない方がいい的な感じですかね。

他のブログを見ていると
こんな悪意のあるコメントやメールを貰ったけど
相手にするのもアホらしいので
今後は即削除しますよとか
そういうのを結構見たりしますが、
自分にはそういうのも全然ありません(笑)

「コワモテ」でいるのは
無駄なことに関わらなくて済む分得なことも多いですが、
正直歯ごたえがない毎日だなと思うこともあります(笑)

でもやっぱり舐められてるのよりはいいのでしょうか・・・

3つ目のクレジットカードに加入しました

以前(去年8月)の記事で

年収100万円未満パートタイマーでもクレジットカードの審査にパスしました
http://1022bluedragons.blog.fc2.com/blog-entry-161.html

向こう1ヶ月ぐらいはいろんな買い物をクレジット払いにしそう・・・
http://1022bluedragons.blog.fc2.com/blog-entry-162.html

というのを書いて、

メインのクレジットカードとして現在持っている
UCカード以外に、
イオン関係の買い物をした際の支払いに使う為に
イオンクレジットのカードを持ったという話を書きました。

今度はAmazonで買い物する際の支払いの為に、
Amazon Mastercardクラシックの
クレジットカードを作成してしまいました。

このカードの主な特徴は
AmazonPrime加入者なら
支払金額の2%がAmazonポイントとして
還元されるというのと、
全てネット上の審査で1日で発行可能か決定されるという
与信審査の緩さかな?という感じです。

あとは先月の収支報告の記事にも書きましたが、
新規加入ボーナスでAmazonポイントが
5000ポイント(5000円分)貰えることでしょうか・・・

私は年収100万円の会社員ということで
与信審査の申し込みをし、
見事に?審査をパスして
数日後にカードが書留で送付されてきました。

但し、ネット上の情報をいろいろ見る限りでは
無職で申請するとまず通らないらしいです。

自分はセミリタイアをした5年前ぐらいからは
ほとんどがクレジットカードか
電子マネーで支払いを決済するようになり
現金をあまり使わなくなってきているので、
持ちクレジットカードがこのように増えてしまうのも
ある意味時代の流れなのかなあと
自分を納得させています。

元々、Amazonでは多くの買い物をしていて
primeにもここ数年加入しているので、
持っておいて損はないかなという感じで
半ば衝動的に作ってしまいましたが、
これが吉とでるのかどうかは
数年使ってみないことには
わからないのかなという感じです。

でも、加入から数日経ってひとつだけ思ったのは、
毎月の収支報告をするための家計簿の計算が
またややこしくなるんだろうなってのは
強く思います・・・
(でも後悔先に立たずです・・・)

50代から始めるデジカメと双眼鏡の趣味

前の記事の10月の収支報告で
デジカメを購入した支払いが
12月にある旨を書きましたが、
(クレジットカード購入なので
支払いが約2ヶ月後)
先月10月にデジカメを1万円弱で購入しました。

これまで写真を撮ることにそれほど興味は無く、
30代半ばごろに仕事でデジカメを持たされて
たまに写真を撮っていたぐらいだったのですが、
今月から来月にかけて
両親と沖縄旅行に行くのをきっかけにして
比較的安価な入門用のデジカメを購入してみました。

約10数年ぶりにデジカメを使ってみたのですが
今回購入したデジカメは小型で持ち運びが軽く
さらに操作も簡単で、
電源入れてピントをオートフォーカスして
シャッターボタンを押すだけの
一昔前の言葉で言うならバカチョンカメラって感じで、
その上撮った画像データを
プリンタから印刷してみると
非常にキレイに仕上がってて
「はぁ、時代も変わったもんだなあ」って
少しばかり感動してしまい
今後しばらくは写真を撮ることが
マイブームになりそうです。

あと、双眼鏡なのですが、
こちらは多少大型で見た目も重厚感があり
かなり本格的な感じの双眼鏡を手に入れました。

これは購入したわけではなく、
父親が退職したときに
会社より永年勤続ご苦労様ということで
百貨店からのカタログギフトを支給されたのですが、
特に欲しいものがないから貰ってくれということで
ありがたくいただいたカタログの中の一品で、
定価50000円以上はするかなり本格的な双眼鏡です。
(Amazonの実売価格では2万円台後半でしたが・・・)
試しに使ってみると
自分の家の窓より
近隣のマンションの廊下から
玄関に出入りする人なんかが非常に良く見え
かなり高性能な感じです。

双眼鏡の方も遠くのいろんなものを眺めるのに重宝しそうで
これからはまってしまいそうです。

そしてデジカメと一緒に沖縄旅行に持っていき
両親と南国のさまざまな珍しい景色を眺めるのに
使っていきたいと思っています。

2017年10月末 貯金残高

月が替わったので、前月末の貯金残高を書きます。

【2017年10月末 貯金残高(株式評価額含む)】

10,961,926円

先月は臨時の大きな出費(5000円以上)は

・遠近両用コンタクトレンズ代(保険医療費)

がありました。

貯金額は9月末より約90000円ほど増えましたが、
株式評価額の含み益が約101000円出ているので
その分を除いた収支はマイナス10000円ぐらいでした。

先月の収支報告での20000円ぐらいの
マイナス予想からすると
大幅に利益が出てしまっているのですが、
持ち株の高騰以外の要因では
Amazon Mastercardクラシックの
クレジットカードに加入して
Amazonポイントを5000ポイント貰った
という要因が考えられます。
(これについては別途記事を立てる予定です。)

今月の貯金額の予想は、
特に大きな支出予定は無いため
20000円ぐらいのプラスを予想しています。

預貯金推移はこんな感じです。

13/9末(半リタイア開始時) 1175万
14/9末 1174万
15/9末 1158万
16/9末 1110万

17/5末 1096万
17/6末 1097万
17/7末 1100万
17/8末 1101万
17/9末 1087万
17/10末 1096万

17/11末(予定) 1098万ぐらい?
17/12末(予定) 1093万ぐらい?

来月12月の貯金額の予想は
青春18切符代と
旅行のホテル代2泊分と
デジタルカメラ代と
ネット通販のおせち料理代と
固定資産税(3期目分)等の支出があって、
50000円ぐらいのマイナスを予想しています。

支出の明細(1000円単位)です。

・食費 約22000円
・住居費 約8000円
・光熱水道費 約10000円
・家具・家事用品 約9000円
・被服及び履物 約6000円
・保険医療費 約43000円 
・交通通信費 約18000円
・教養娯楽費 約5000円
・その他支出 約0円

201710預貯金推移
プロフィール

ONARA

Author:ONARA
46歳貯金1000万円少々で
リタイア生活はじめました。
「無理なく」「無駄なく」を
モットーにしている
マンション管理士
(近日開業予定)です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ