FC2ブログ

とうとう孤独死の特殊清掃の現場に立ち会ってしまいました

タイトルの件、マンション管理人の仕事をしている以上、
いつかは遭遇してしまうのかなとは思っていたのですが、
その時は思いのほか早くに訪れました。

マンション外にトラックが3台と人員が7人、
引っ越しだとしても大層な体制でやってきたなあ
とか思ってたら、
やってきた人たちの責任者を名乗る人と話をすると、
引っ越しではなくて荷物を運び出すだけとのこと、
ははーん、これはひょっとしてとか思ってたら、
しばらくして司法書士を名乗る人がやってきて
遺言執行人に遺言にて指名された〇〇ですが、
○○○号室の方が先日お亡くなりになられて・・・
とか話し出してああやっぱりって思ってしまいました。

その後その司法書士の人からの依頼で、
郵便ポストの開封を
管理人室で控えてある暗証番号を使って行い、
中身のものは全て持っていかれました。

さらにしばらくして
ご遺体はビニールシートのようなものでくるまれて
運ばれていったようでした。

自分も将来は行政書士としてのお仕事として
遺言執行人になることも考えていたところなので、
それらの様子を見て
ある程度は孤独死現場の概要を知ることができて
勉強になりました。

それに自分自身も
将来はこのような孤独死に陥る可能性もあるんだよなあ。
と己の将来のことについても
いろいろと思いをめぐらせてしまいました・・・
スポンサーサイト



50代未婚男性の自分が数十年ぶりに「お裁縫」をしてみました

先日、自分のスボンのボタンが
不意に取れてしまったのですが、
このような時に男性の場合は、
親しい間柄の女性に糸と針で
縫い付けてもらうものだと思います。

未婚者の自分はこれまでは
近くに住んでいる母親に頼んで
縫い付けてもらっていたのですが、
今回、少しばかり考えるところがあり、
自分で針と糸を使って縫い付けてみようと思い至りました。

結果は思いの外上手く縫い付けられたので、
小中学生の頃に家庭科で針と糸の使い方を習ったのも
こうやって生きていくのに役立っているのだなあと
変な感慨も覚えてしまった次第です。

今は元気な自分の母親もだんだん歳を取り
針と糸を扱うことも困難になれば
ちょっとした衣服の修理で頼れるのも
自分の腕一つだけです。

結婚せず(できず)一人で生きていってる以上
このようなことぐらいは自分の手でやらなきゃ
駄目だなと思い立って、
自力で針仕事をやってみました。
(あまり大層なことでもないですが・・・)

他のセミリタイアしている独身男性の方は
ちょっとした針仕事なんかはどうしてるんだろうかな?
とも少し気になってしまいました。

昨今、マンションの管理人のなり手がいなくて人手不足と言われていますが・・・

タイトルの件について、
当事者として現在進行形で渦中に身を置いている
自分から見た考えを以下に書こうと思います。

まず参考にしたのは東洋経済オンラインのこの記事です。

「マンション管理人」の人手不足がヤバすぎる
知られざる実態、時給3割増でも集まらない
http://toyokeizai.net/articles/-/173594

あと他のリタイアブログの方にも、
過去にこの件について記事にされた方が
何人かいらっしゃったようなので、
それらの意見もある程度参考にして
書き進めてみます。

現在確かに現在自分が所属する会社では、
人手が不足しています。

これについて自分が思うには
大きく3つの原因が考えられます。

・都市部でのマンション着工件数が異常に増えた

・昨今の団塊世代の一斉退職による人手不足

・変則的な勤務形態が多くの人には合わない

=====

まず最初の都市部でのマンション着工件数が
異常に増えた件ですが、
数年前よりアベノミクスとやらが始まってから
不動産市場において貸出金利が異常な低金利になって、
金融機関(大手都市銀行とかではないと信じたいですが)
が個人に与信をあまり考えずに
安易に融資をしてしまっている現状があると思います。

今自分が働いているマンションでも、
都心部のマンションを買えるとは思えないような人たちが
ローンを組んでマンションを購入しているように感じます。

こんなマンションプチバブル下にあるので、
新築マンションの急激な増加に
従業員の雇用が追い付かなくなっているのは
理の当然ではないかと思っています。

但し、この要因については、
そろそろ終わりが見えてきているというか、
マンション建設ラッシュは少なくとも
都心部では収まってきているようなので、
今後は解消に向かって行くと見ています。

=====

次に構造的な人手不足の問題ですが、
これはマンション管理の業界だけの問題に限らず
全業種について起っていることなので、
容易に解決はしていかないと思います。

特にマンション管理人特有の
社会人経験をある程度積んだ年配の人が
管理人として住民に希望されるというのは、
マンション住民の安心感につながるという意味で
良くわかりますが、
これだけ人不足だと言うのなら
ある程度若い人の採用も
視野に入れないといけないかなという気もします。

自分が47歳で今のマンション管理人に採用されたのも、
都心のマンションで住人がほとんど若い人だから
という事情があったからだと思います。

今はお年寄りが多いマンションだと
若い人が管理人になるといろいろ不安で
採用され辛くなっていると思います。

この辺をどう変えていけるかでしょうね。

=====

そして最後に自分が思うに一番問題があって、
改善の余地も大きそうなのが
最後の変則的な勤務形態が多いってところですね。

自分が今働いてる会社のマンションだと
勤務時間が3時間、4時間、6時間、8時間とあって
もちろんマンションの規模によって
仕事の量が違うのでそれは分かりますが、
さらにセコいことに、
地域のゴミの収集日に合わせて
休みにしたりしているので、
土日と水曜日が休みで祭日は出勤とか
わけわからない労働条件が横行しています。

これだと自分のライフスタイルに
よほどピンポイントに合うような人でないと
働き辛いのではないかと思うですが
どうでしょうか?

管理会社も従業員や住民の立場を第一に考えてなく
権力のあるお役所の顔色ばかりを窺って
労働条件を決めているようでは駄目だなと思います。

普通に月曜から金曜日の何時から何時までっていう
はっきりした勤務条件の現場が少なすぎです。
(○曜日だけ○時から入ってくれとかいう
変な条件付きなのは人が働くのをためらう
最大の要因なのではないかなと・・・)

ここについては企業努力で改善できると思いますので
ぜひ改善を望みたいところです。

父親の退職

以前の記事なんかでもちょくちょく書いていましたが、

想定外の出費は親がカバーしてくれる
http://1022bluedragons.blog.fc2.com/blog-entry-191.html

自分がセミリタイアして
はや4年になろうとしているのにもかからわず、
父親はまだフルタイムで働いています。

しかし、その父親もついに73歳にして
中学校を卒業して15歳から長年に渡って(58年?)
同じ会社で仕事をしてきて今年8月20日付けで
退職することになりました。

自分が父親から最初に聞いていたのは
7月一杯で退職するとのことだったのですが、
給料の締め日の関係で計算がややこしいとか
会社側にいちゃもんをつけられたみたいで、
結局8月20日の退職日となったようです。

父親が長年に渡って働いていてくれたことで、
将来遺産として金融資産を受け継ぐ身分の自分としては
資金的に安心できていた面は正直あります。

そして自分を名前を言えば誰もが知っているような
有名大学にまで行かせてもらって、
感謝しかありません。

いろいろあって孫の顔を見せてあげることは
できませんでしたが・・・

自分が小さい頃の家計は貧しかったようなので
自分が小学校高学年になるまで
カラーテレビも電話も買えなくて
同級生には恥ずかしい思いもしていたことはありましたが、
その分自分の教育には
いろいろとお金をかけてくれたのかなと思います。

58年間もの長い間のお勤めご苦労様でした。
あとは存分に好きなことしてゆっくり休んでください。
と言いたいです。

前回の記事にも書きましたが、
自分から父親への感謝の気持ちとして
これからのあり余った時間に
父親が大好きな昔の映画を見たり
昔の歌謡曲を楽しんでもらうために
Blu-rayプレイヤーとBlu-rayの映画9本組と
CD6枚組をプレゼントしました。

自分にとっては予想外の大型出費になりましたが
こればかりは仕方ないですね。

2017年7月末 貯金残高

月が替わったので、前月末の貯金残高を書きます。

【2017年7月末 貯金残高(株式評価額含む)】

10,998,330円

先月は臨時の大きな出費(5000円以上)は

・青春18切符代(交通通信費)
・旅行のホテル代1泊分(教養娯楽費)
・競馬観戦の馬券代(教養娯楽費)
・固定資産税(2期目分)(住居費)

がありました。

貯金額は6月末より約30000円ほど増えましたが、
株式評価額の含み益が約36000円出ているので
その分を除いた収支はマイナス10000円ぐらいでした。

先月の収支報告での40000円ぐらいの
マイナス予想からすると
大幅に利益が出てしまっているのですが、
持ち株の高騰以外にも
的中馬券収入が15000円ほどあったのと、
宅地建物取引士の模擬試験と本試験の受験料を
それぞれ8月分と9月分の支払いに回した
という要因が考えられます。

今月の貯金額の予想は、
特に大きな支出予定は無いため
プラマイゼロぐらいを予想しています。

預貯金推移はこんな感じです。

13/9末(半リタイア開始時) 1175万
14/9末 1174万
15/9末 1158万
16/9末 1110万

17/2末 1111万
17/3末 1100万
17/4末 1098万
17/5末 1096万
17/6末 1097万
17/7末 1100万

17/8末(予定) 1100万ぐらい?
17/9末(予定) 1083万ぐらい?

来月9月の貯金額の予想は
旅行のホテル代2泊分と
Blu-rayプレイヤー代(父親への贈り物)と
Blu-rayの映画9本組(父親への贈り物)と
宅地建物取引士試験受験料と
通勤定期券代6ヶ月分等の支出があって、
170000円ぐらいのマイナスを予想しています。

なお、父親への贈り物のことについては
次回記事でいろいろと書こうかと思っています。

支出の明細(1000円単位)です。

・食費 約24000円
・住居費 約15000円
・光熱水道費 約7000円
・家具・家事用品 約7000円
・被服及び履物 約6000円
・保険医療費 約27000円 
・交通通信費 約22000円
・教養娯楽費 約22000円
・その他支出 約1000円

201707預貯金推移
プロフィール

ONARA

Author:ONARA
46歳貯金1000万円少々で
リタイア生活はじめました。
「無理なく」「無駄なく」を
モットーにしている
マンション管理士
(近日開業予定)です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ