FC2ブログ

2016年度(2016/4~2017/3)収支分析(その10) ~その他支出編~

前回の収支分析では教養娯楽費の支出について
分析しましたが、
今回は収支分析の第10回目ということで、
その他支出について見ていきたいと思います。

但し、千円単位の各月支出明細額なので、
概算額となります。

2016年 4月 約   0円
2016年 5月 約   0円
2016年 6月 約 1,000円
2016年 7月 約 1,000円
2016年 8月 約 2,000円
2016年 9月 約 9,000円
2016年10月 約   0円
2016年11月 約 6,000円
2016年12月     0円
2017年 1月     0円
2017年 2月     0円
2017年 3月 約   0円

【2016年度 その他支出額】

約19,000円

年間のその他支出は
約2万円弱を使っていることがわかります。
(1ヶ月平均は約2,000円弱)

去年と比べると5000円ほどは減っていますが、
一因としては近所のコインランドリーが
突然潰れてしまったので、
去年夏ぐらいまでは
毎週仕事が休みの週末に洗濯機を回していたところ、
途中から天気のいい日を選んで
洗濯機を回すようになり
コインランドリー代が減ったことが
あるのかもしれません。

但し2017年度は、
両親との交際費がかなり跳ね上がる予定なので
その他支出費目にかかる費用は数倍になる予定です。
スポンサーサイト



6年半の禁を破ってついに行ってまいりました……お医者さんに

リタイア生活において何か一番大事かで
過去にもこのような記事を書いているように

リタイア者は健康第一とは言うけれど規則正しい生活が健康の一番の薬だと思う
http://1022bluedragons.blog.fc2.com/blog-entry-124.html

健康を第一としている自分なのですが、
医者へのある種の不信感もあって
過去6年半ほどは歯医者も含めて
全く医者にはかかったことはありませんでした。
(但し例外としてコンタクトレンズ作成時に
眼科に無理やり検査されたりはしましたが・・・)

人並み以上に市販薬にお金をかけていたりはしますが、
基本自分の身体は自分のことを一番よくわかってる
自分自身でケアするのが常道だと考えています。

ですが、今日は医者に行ってきました。
どこが痛いとかそういうのは全然ありません。
実は左手の手の甲にできた「しこり」
が大きくなってきて
誰が見ても一目瞭然で
手の甲のふくらみがわかるようになってしまったので、
思い切って医者に診てもらうことにしました。

実はこの「しこり」は20年ぐらい前より
自分がお付き合いしてる「ガングリオン」で
でき始めのころは中のゼリー状の物質を
大型注射針で抜いてもらっていたのですが、
3年おきぐらいにまた溜まっては膨らんでくるので
10年ほど前に思い切って中の「袋」を
除去する手術をしました。

それ以来ガングリオンは発生してこなかったのですが
10年経ってまた再発してきました。

先ほど近所の外科まで行ってきて、
エコー検査を受けて
「立派なガングリオンですねぇ・・・」と
お医者さんに冗談交じりで言われて
「ああ、やっぱり」って感じでした。
すぐに注射針でゼリー状物質を抜いてもらいましたが、
今後はまた3年スパンぐらいで
ガングリオンがまた大きく
膨らんでくるかもしれません。

「袋」を取る手術は10年前に経験したとき
ものすごく痛い思いをした記憶があるので
もうなるだけやりたくはないですが、
また「ガングリオン」との付き合いを
今後定期的に続けていかなきゃいけないのは
仕方ないこととは言え
ちょっと嫌だなと思ってしまいました。

資産形成失敗……だがもう子供が作れない

えらいパクリ丸出しで
恥ずかしいタイトルにしてしまいましたが、
自分の今のセミリタイアに対するスタンスを
正直な気持ちで表してみました・・・

これまでにいろいろ書いてきたように
自分はもう50代の年齢となり
資産を残せるような子供がいない以上は、
これ以上資産を増やしすぎたところで
まず普通には使い切れないし、
余った資産には相続人がなく
死後国庫に納まることが
もうミエミエになっているので、
働く時間を抑えて
収入は年間150万円生活を賄える程度に
抑えるような生き方を選択しています。

子供は作れないとか言い切っちゃってますが、
そりゃ無理やりに作ろうと思えば
作れないわけじゃないでしょう。
ミック・ジャガーが70代で子供作った話も
先日あったことだし・・・

もちろん自分はそのような人とは
子供を育てるのにかけられる収入や資産
それに遺伝子の価値も全く違います。

子供を育てられる資金もないのに
無理やり子供を作っても、
生まれてくる子供がかわいそうだし
親を恨んで育ちそうです・・・

去年の今ぐらいの時期にこの記事

正社員になることと子供を作って育てることはついに諦めました
http://1022bluedragons.blog.fc2.com/blog-entry-154.html

で書いたように
すでに子供を作って育てることは
年齢的に(資産的にも)諦めがついています。

ということはもはや子供に資産を残せないので、
今ある金融資産は
もうこれ以上増やしたり維持したりする必然性がなく
徐々に減らしていって生きていくという
スタイルを取らざるを得なくなりました。

なのでタイトルでは資産形成失敗とありますが、
もはや資産形成に成功することは無意味になった
と言う感じです。

自分がよくこのブログを通じて言っているように、
ブログ村のセミリタイアカテゴリーの人で
なぜか50代未婚の人は
自分とあと数人ぐらいしか見かけないので、
そのような
資産を増やしたり現状維持したりするのは
もはやアホらしくて
徐々に減らしていかざるを得ない人
で自分の参考になるような人が見当たりません。

自分がフロンティアー(開拓者)になって
そのような生き方を
手探りで実践していくしかないわけです・・・

2016年度(2016/4~2017/3)収支分析(その9) ~教養娯楽費編~

前回の収支分析では交通通信費の支出について
分析しましたが、
今回は収支分析の第9回目ということで、
教養娯楽費の支出について見ていきたいと思います。

但し、千円単位の各月支出明細額なので、
概算額となります。

2016年 4月 約20,000円
2016年 5月 0円
2016年 6月 約 1,000円
2016年 7月 約10,000円
2016年 8月 約 4,000円
2016年 9月 約 7,000円
2016年10月 約14,000円
2016年11月 約 6,000円
2016年12月 約11,000円
2017年 1月 約 2,000円
2017年 2月 約 8,000円
2017年 3月 約30,000円

【2016年度 教養娯楽費支出額】

約113,000円

年間の教養娯楽費は
約11万円ほどを使っていることがわかります。
(1ヶ月平均は約9,000円強)

教養娯楽費も2015年度と同じ傾向で、
ホテル代を教養娯楽費として計上している
宿泊を伴う旅行に行った月には
それなりに教養娯楽費が増えていますが、
2016年度は2015年度よりも
40000円以上減っています。
旅行に行ったり競馬場に行ったり
スーパー銭湯に行ったりする回数を
減らしたからでしょうか・・・
あとは資格試験を受験しなかったことも
大きいと思います。

2017年度は宅地建物取引士試験を
受験することもあって、
2016年度より若干は教養娯楽費が
増えるのかなと予想しています。

2017年6月末 貯金残高

月が替わったので、前月末の貯金残高を書きます。

【2017年6月末 貯金残高(株式評価額含む)】

10,969,916円

先月は臨時の大きな出費(5000円以上)は
ありませんでした。

貯金額は5月末より約10000円ほど増えましたが、
株式評価額の含み損が約7000円出ているので
その分を除いた収支はプラス20000円ぐらいでした。

今月の貯金額の予想は、
青春18切符代と
旅行のホテル代1泊分と
競馬観戦の馬券代と
宅地建物取引士試験受験料と
固定資産税(2期目分)等の支出があって、
40000円ぐらいのマイナスを予想しています。

預貯金推移はこんな感じです。

13/9末(半リタイア開始時) 1175万
14/9末 1174万
15/9末 1158万
16/9末 1110万

17/1末 1110万
17/2末 1111万
17/3末 1100万
17/4末 1098万
17/5末 1096万
17/6末 1097万

17/7末(予定) 1093万ぐらい?
17/8末(予定) 1095万ぐらい?

来月8月の貯金額の予想は
特に大きな支出予定は無いため
20000円ぐらいのプラスを予想しています。

支出の明細(1000円単位)です。

・食費 約23000円
・住居費 約8000円
・光熱水道費 約9000円
・家具・家事用品 約10000円
・被服及び履物 約5000円
・保険医療費 約20000円 
・交通通信費 約13000円
・教養娯楽費 約3000円
・その他支出 0円

201706預貯金推移
プロフィール

ONARA

Author:ONARA
46歳貯金1000万円少々で
リタイア生活はじめました。
「無理なく」「無駄なく」を
モットーにしている
マンション管理士
(近日開業予定)です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ