FC2ブログ

40歳、現金1600万円からの『早期セミリタイアのすすめ』はすすめられないなあ(長文注意)

先日、他の方の書かれたリタイアブログを
いつものように色々と読んでいたら、
40歳、現金1600万円からの『早期セミリタイアのすすめ』
というタイトルの記事が目に留まって
気になってしまったので早速読んでみました。

内容は
早期セミリタイアのすすめ
https://anond.hatelabo.jp/20170620094406
という他のブログ記事の紹介だったのですが、
何か一見してツッコミどころが満載だったので
これを読んでみた自分の感想を
以下に書いてみたいと思います。

架空のネタブログなのかもしれないし
「ネタに長文でわざわざマジレスするな!」とか
逆に自分がツッコミ入れられるかもしれませんが、
マジレス前提で話を進めていきたいと思います。

まず、この人の書かれてること全体の主張として
うーん・・・と思ってしまったのが、
老後にかける資産と(働いてる前提の65歳までの)
現役時代にかける資産の配分が
思いっきりおかしいなと。

「老後に用意しようとしてる資産が
あまりにも多すぎるだろ。」と

(但し、結婚は諦めたとか書かれてはいるが、
考えを覆して今後に結婚するつもりなら
まあアリかもとも思うけどね。)

65歳までに金融資産を2500万円までに増やして
なおかつ65歳からは100歳まで月20万円の収入が
働かなくても得られるように組んであるって
書かれているんだけど・・・

「ぼっち老人にはそこまでの使い道ねーだろ。」と

一生独身が前提なら
若くて元気なうちと老人になってからの
お金を使う価値って全然違うんだから
そんなに残してどうする?っていうのが
まず自分が一番に納得できないところですね。

身寄りがない場合は
老人ホームとか信用できないですよ。
身寄り無しと分かった途端
資産ぼったくられて虐待されるのがオチですよ。
自分は身寄りなしなら
絶対にそういうところには
世話にはなりたくないですね。
歳を取っても自分のことはできる限り
自分でできるように備えておきたいですね。

身寄りのない老人とか弱い立場になってからの
「他人」は特に信用できないと思ってるし。

あと、
生きがいやら人生の目的やらを
重視している人が多くて驚いている。
そんなもの持ったこと今まで一度もない。
やりたいことをやるよりも
やりたくないことをやらない人生の方が
ずっと素晴らしい。
とも書かれているけど、

「やりたくないことをやらない人生に
そんなにお金がかかるわけがない。」と

ただそれだけでいいのなら
何も1600万円も
65歳からは100歳まで月20万円の収入が
働かなくても得られる仕組みとやらも
いらない
最初から生活保護受けて暮らした方が
ずっと楽だし無駄もないっていうのは
以前から自分が言ってる主張なのですが・・・

それに関連して
年金自体は破綻しないよ。
破綻しそうなのは生活保護制度の方だよ。
とも書かれているけど、
これも自分の考えとは真逆かな。
生活保護の方が基本的人権にかかわることなので
まっとうな法治国家であるなら
年金よりもずっと大事で
残すべきものだと思うのですが。

この人は老後の心配よりも
もっと65歳までの現役人生で
楽しみや楽を取った方がいいと思います。

そのためにまずは200万円で買ったとかいう
エレベータ無しの5F公団の部屋を
早いとこ引き払って住みやすい住居に住み替える術を
考えた方がいいと思うのですが・・・

(あと管理費が月23000円は異常に高いと思う。
自分は管理費と修繕積立金で月8200円です。)

もっとも二十年、三十年は問題なく住めそうとか
書かれているので、
60代になったら買い替えを考えているのでしょうが。

まあその辺は築23年のマンションを46歳で買った
自分とも似ていて、
自分の場合は部屋自体は1Fにあるのだけど
いわゆる小高い丘の上に立地してる
「ヒルトップマンション」なので
結構急坂の上り下りがあり
老人になったらキツいなあとは思うので
65歳すぎたあたりには、
もう一軒別のマンションを1000万円程度の予算で
買い替えようと思っています。

もっとも自分はその辺の年齢になると
親からの遺産相続が期待できそうなので
そういう人生設計にしているのですが、
この人の場合ご両親とかとは
どういう関係になっているのでしょうかね?
そのあたりは全然書かれてはいないのですが
気になるところです。

あと65歳まで続けようとかしている
週30時間の夜勤バイトですが、
今はまだ45歳らしいので
全然大丈夫かなと思うのだけど
歳を取るごとに夜勤はキツくなってきて
健康にも影響が出てくると思うので、
別のもっと楽な勤務に移ることを
そろそろ考えた方がいいのかなとも思います。

これもある意味自分とも似ていて、
自分の場合は43歳時に金融資産1500万円ちょっとで
セミリタイアを開始するにはまだ不安だったので、
(あと適当な住居が
なかなか見つからなかったのもあったのですが)
時間稼ぎのために、
重い工業製品を段ボール箱に荷造りして
パレットに運んでひたすら積み上げていくという
フルタイムの仕事(手取り月収12万円ぐらい)
を3年ちょっと続けていて
腕の筋肉はマッチョについてきたのですが、
さすがに体力的に
50代60代まで続けられないとは思ったので
46歳になった時点で今のマンションを買って
引っ越ししなけりゃいけないことを理由にして
その力仕事を辞め
現在の体力的に楽なマンション管理人の仕事
(週22時間労働)になった次第です。
しかしこれもあと数年で辞めて
自営業(マンション管理士と行政書士の兼業)で
さらにゆるく仕事をするスタイルに
移行していく予定です。

この人の書かれていることは現況報告としては
それなりに納得がいくのですが、
将来設計として書かれていることについては
自分にはおかしなことばかり書かれているなとしか
思えませんでした。

もっともまだ45歳だということなので
リーマン直後でとこにも働き口がなかった
自分の時と違って
働き口の選択も多いだろうし、
いくらでも軌道修正が効くと思います。
自分が去年正社員前提で就職活動をしていた時も
年齢制限は45歳までってところが多かったので、
正社員として働ける可能性も
まだまだ残してるのかなとも思います。
(もうそこまで働くつもりは無いのでしょうが)

最後に、自分はこの人とかこの人に似た考えで
老後にも独身を選ぶ人には
このコラム記事を読んでもらいたいなと思う。

自分の言いたいことや思ってることは
この記事には一部異論はあるにしても
大体書かれてるし、
ブログ村のセミリタイアカテゴリを見ていると
男性の書いているセミリタイアブログの大半は
既婚者(離別者・死別者も含む)で、
自分も含めた未婚者は少数派で、
特に50代だと未婚者はほとんどいないという
不可思議な状況の理由も見えてくると思う。

(個人的意見としては、
今現在の世の中はともかくとして
今後の世の中については
ただ結婚すればそれでいいとかいうわけではなくて
高齢未婚者同士が連帯して助け合って生きていけるような
仕組みとかができてくるんじゃないかな。
これは自分が前から言ってるように
入院や就職や家を借りたりするときの保証人を
未婚者同士で保証しあうようなNPO団体とかが
数多くできるんじゃないかなと思ってるし。
もし自分が未婚のまま老人を迎えるようになったら
そういうNPO団体を率先して作ってもいいかな
とも思ってる。
というのも以前には書いたかな・・・)

独身人生は両親が死んでから本当の天涯孤独の人生がスタートする。貯金なんて役に立たない
http://www.i5ch.com/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0/%E7%8B%AC%E8%BA%AB%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%AF%E4%B8%A1%E8%A6%AA%E3%81%8C%E6%AD%BB%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%8B%E3%82%89%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AE%E5%A4%A9%E6%B6%AF%E5%AD%A4%E7%8B%AC%E3%81%AE%E4%BA%BA/2024/
スポンサーサイト



2016年度(2016/4~2017/3)収支分析(その8) ~交通通信費編~

前回の収支分析では保険医療費の支出について
分析しましたが、
今回は収支分析の第8回目ということで、
交通通信費の支出について見ていきたいと思います。

但し、千円単位の各月支出明細額なので、
概算額となります。

2016年 4月 約15,000円
2016年 5月 約10,000円
2016年 6月 約13,000円
2016年 7月 約28,000円
2016年 8月 約15,000円
2016年 9月 約11,000円(プラス定期券代 約110,000円)
2016年10月 約11,000円
2016年11月 約 9,000円
2016年12月 約12,000円
2017年 1月 約 9,000円
2017年 2月 約11,000円
2017年 3月 約25,000円(プラス定期券代 約110,000円)

【2016年度 交通通信費支出額】

約169,000円(プラス定期券代 約220,000円)

年間の交通通信費は
定期代が会社から支給されているので支出から除くと、
約17万円ほどを使っていることがわかります。
(1ヶ月平均は約14,000円強)

2016年度は冬季(12月・1月)の青春18きっぷ旅行を
取りやめた影響で当費目の支出は
2015年度よりも10000円以上は少なくなっています。

2017年度の当費目の支出は
2016年度よりも若干多くなりそうな気がしています。

2016年度(2016/4~2017/3)収支分析(その7) ~保険医療費編~

前回の収支分析では被服及び履物の支出について
分析しましたが、
今回は収支分析の第7回目ということで、
保険医療費の支出について見ていきたいと思います。

但し、千円単位の各月支出明細額なので、
概算額となります。

2016年 4月 約18,000円
2016年 5月 約20,000円
2016年 6月 約20,000円
2016年 7月 約19,000円
2016年 8月 約24,000円
2016年 9月 約22,000円
2016年10月 約20,000円
2016年11月 約19,000円
2016年12月 約23,000円
2017年 1月 約19,000円
2017年 2月 約21,000円
2017年 3月 約20,000円

【2016年度 保険医療費支出額】

約245,000円

年間の保険医療費は約25万円ほどを使っていることが
わかります。
(1ヶ月平均は約20,000円強)

保険医療費の支出としては、
医者にはもう6年以上はかかったことがないので
以下の4つしかありません。
・個人年金掛け金(月約16,000円)
・国民健康保険料
・市販の薬代(+医療用品)
・床屋代
(一応身体のケアにかかわる支出ということで
ここに入れています。)

あと4月と5月には国民健康保険料の暫定賦課分が
2015年分より少なくなったので、
当費目の2016年度の支払いは2015年度分よりも
若干減っているような感じです。

今年度は(あくまでここまでですが)
市販薬購入にかける金額が多くなっているのと、
10月ぐらいに30000円程度かけて
遠近両用レンズのコンタクトレンズ(医療用品)を
新調して買う予定なので、
当費目の支払いは、2016年度よりも
若干多くなるのかなと思っています。

マンションに住んでいる人は排水管清掃ってやってもらってるのかな?

以前にも記事にしましたが、

お盆休みに大掃除をするつもりが今月にする羽目に・・・
http://1022bluedragons.blog.fc2.com/blog-entry-91.html

今年も年に1度の恒例になった
室内の排水管清掃の業者が
昨日の日曜日にやってきたので
梅雨時前の大掃除をしなけりゃいけませんでした。

ここの所痛風の症状っぽい感じで
右足のかかとに痛みがあって、
あんまり掃除もできなかったのと、
予定していた時間よりも2時間ぐらい
業者が早くやってきたので、
結構家の中が汚いまま
業者を家に上げて水回りの
排水管の清掃をしてもらいました。

普通のマンションでは
2年に1度ペースで室内の排水管清掃を
すると思うのですが、
いろんなリタイアブログを読んでいても
なぜかそのような話は聞いたことがありません。

みんな家の中に業者を上げるのが嫌で
排水管清掃の業者が来ても居留守を使ったりして
清掃をしてもらってないのではないのかな?
と思ったりしています。

実際に昨日予定時間よりも2時間も早く
業者がやってきたのも
居留守されて配管を掃除していない家が
かなりあったのではないかと勘ぐっています。

自分が管理人の仕事しているマンションでも
2年に1度室内の排水管清掃があるのですが、
やはり留守で家に入れなくて
清掃できなかったところが多いみたいでした。

自分は台所を頻繁に使っている人ということで
結構排水管の詰まりを気にしているので、
1年に1度のペースで
ジェット噴射のような機械を使って
排水管の掃除をしてもらえるのは
ありがたいのですが、
排水管が汚いままでも
あまり気にならない人ってのは
結構いるのかなあとも感じてしまいました。

2017年5月末 貯金残高

月が替わったので、前月末の貯金残高を書きます。

【2017年5月末 貯金残高(株式評価額含む)】

10,961,979円

先月は臨時の大きな出費(5000円以上)は

・旅行の交通費(交通通信費)
・旅行のホテル代1泊分(教養娯楽費)

がありました。

貯金額は4月末より約20000円ほど減りました。

今月の貯金額の予想は、
特に大きな支出予定は無いため
20000円ぐらいのプラスを予想しています。

預貯金推移はこんな感じです。

13/9末(半リタイア開始時) 1175万
14/9末 1174万
15/9末 1158万
16/9末 1110万

16/12末 1108万
17/1末 1110万
17/2末 1111万
17/3末 1100万
17/4末 1098万
17/5末 1096万

17/6末(予定) 1098万ぐらい?
17/7末(予定) 1094万ぐらい?

来月7月の貯金額の予想は
青春18切符代と
旅行のホテル代1泊分と
競馬観戦の馬券代と
宅地建物取引士試験受験料と
固定資産税(2期目分)等の支出があって、
40000円ぐらいのマイナスを予想しています。

支出の明細(1000円単位)です。

・食費 約40000円
・住居費 約8000円
・光熱水道費 約7000円
・家具・家事用品 約5000円
・被服及び履物 0円
・保険医療費 約19000円 
・交通通信費 約30000円
・教養娯楽費 約11000円
・その他支出 0円

201705預貯金推移
プロフィール

ONARA

Author:ONARA
46歳貯金1000万円少々で
リタイア生活はじめました。
「無理なく」「無駄なく」を
モットーにしている
マンション管理士
(近日開業予定)です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ