FC2ブログ

公的年金受給予定額に不安があるなら繰り下げ受給して額を増やせばいい

最近リタイア者のいろいろなブログを読んでいると、
公的年金を普通に65歳より受給するのか
それとも自分のように70歳より繰り下げ受給するのかでは
いろいろと議論があるようです。

自分の持論としては65歳からの受給額に不足を感じなければ
そのまま65歳より公的年金を貰った方がいいと思うし、
不足だと思えば69歳までは
預貯金を使ったり労働した賃金を使って生活して
70歳まで受給を引き伸ばして
70歳からは4割増しの年金額を
貰ったらいいのではないかと思っています。

自分は現在の時点での65歳からの公的年金受給額は
月間約7万5000円で年間では約90万円です。
さすがにこの金額では
特に長生きして貯金が無くなった場合に不安です。
だから70歳まで受給を引き伸ばして、
月間約10万6000円で年間では約130万円を
受給しようと考えています。

ちなみに現在は国民年金を全額免除していますが、
今現在の乏しい資産を削って国民年金の支払いをしてまで
70歳以降の年金額を増やそうとまでは考えていません。
年間90万円では不安だが年間130万円の年金を受給できれば
それなりに安心はできるからです。

もちろんこれは69歳までの生活費が
預貯金や労働賃金(あと自分の場合は個人年金)で、
十分にまかなえているというのが大前提ですが、
これは自分の場合は不安はないと考えています。

なので自分は、
65歳からどれだけの予定年金受給額があるかどうかで、
そのまま65歳から公的年金を受給するのか
それとも70歳から公的年金を受給するのかどうかの
作戦は変わってくるのではないのかと思います。
スポンサーサイト



コメント欄を撤去しました

コメントが1年以上の間ゼロだったので、
コメント欄を撤去しました。

セミリタイア直後の思わぬ失敗 (その2)

<< 前回の記事からの続きです >>

そして実際に9月末に退職後
離職票を10月初めに貰って
すぐにハローワークで雇用保険の手続きをしたのですが、
しかししかしです、
その後にハローワーク主催の雇用保険の説明会があり
そこで聞かされた内容には
ズドーンと衝撃を受けてしまいました・・・

というのも自分が知らない間に
いつの間にか法律が変わってしまっていて、
給付制限がある場合は
職業訓練スタート時点で給付の残日数が
これまでは1日以上でよかったはずが
31日以上が必要ということに
なったという説明がありました。

詳しくはココ  ↓↓↓↓↓

職業訓練に応募できる人とは?
http://s-kunren.com/know/sikaku/

10月初めに雇用保険の手続きをしたということは
3ヶ月の給付制限期間の経過後
1月初めに失業保険を受給し始めるので
職業訓練スタート時に31日以上給付残日数を残すには

90日 - 31日 = 59日

で、3月の初めには
職業訓練の応募資格がなくなってしまいます。

いやぁ、これは参った・・・
一杯食わされたわいって感じなのですが、
法律が変わってしまっているものは仕方ありません
すぐに3月以前にスタートする職業訓練を探す方向に
頭を切り替えました。

もちろんそんな中途半端な時期には
1年間受講できるような職業訓練などは無く
半年受講の物で探したのですが
3月には自分が通えるような職業訓練は無かったので、
仕方なく2月からスタートの職業訓練を
受講することになりました。

そんな感じで2月スタートの職業訓練を半年受講し
職業訓練終了後の8月に
現在のマンション管理人のパートタイマーに
就職したという次第です。

セミリタイア直後の思わぬ失敗 (その1)

前々回のブログの記事で書いていた
リタイア後の大きなチョンボのことなのですが、
ここで詳しく書いてみたいと思います。

しかしかなりの長文になってしまったので、
2回に分割して記事を上げることにします。

今から遡ること6年半ほど前
自分がリーマンショックの真っ只中に
41歳で前々職をリストラされた時、
当然ながら次の仕事はなかなか見つからず
ハローワークの担当の人から
次の就職につながる勉強ができ
なおかつ失業保険の給付期間が延びるから
ということで職業訓練の受講を勧められました。

自分はそれに従って職業訓練(6ヶ月コース)
の申し込みをしたのですが、
何をトチ狂ったのか試験の受験日を勘違いしていて
試験当日に試験を受けられませんでした。

なのでその後はもはや失業保険の受給中には
他の職業訓練コースも受けられませんでした。

このときに次に仕事を辞めるときには
絶対に失業保険の期間内に職業訓練を受けて
雪辱してやるぞと強く思ったものでした。

えー実はここまでは物語のプロローグで、
スレタイにあるような
リタイア後の大きなチョンボではありません・・・

さてそれから時は流れて
自分が2年前の9月末というタイミングで
次に就職した前職
(と言っても時給850円の工場のアルバイトですが)
を退職したときに、
前回退職時の失敗を踏まえて
今度は出来るだけ長く失業保険を受給しようと考え、
9月末に自己都合退職にて退職後
3ヶ月間の給付制限期間を経て
さらに3ヶ月間は普通に失業保険を受給し、
都道府県がお役所仕事的に
4月スタートにて数多く開講している
期間が1年間ある職業訓練を受けて
都合約1年3ヶ月の間は失業保険を受給して
生活しようかなと目論んでいました。

<< 次回の記事に続きます >>

2015年9月末 貯金残高

月が替わったので、前月末の貯金残高を書きます。

【2015年9月末 貯金残高(株式評価額含む)】

11,578,100円

先月は臨時の大きな出費(5000円以上)としては、

・旅行のホテル代2泊分(教養娯楽費)
・マンション管理士試験受験料(教養娯楽費)
・通勤定期券代6ヶ月分(交通通信費)

がありました。


貯金額は8月末より約110000円ほど減りましたが、
10月~3月の通勤定期券を約110000円で購入しているので、
その分を除いた収支はほぼプラマイゼロでした。

今月の貯金額の予想は、
特に大きな支出予定は無いため、
10000円ぐらいのプラスを予想しています。

預貯金推移はこんな感じです。

■■■■■■■■ 13/9末(半リタイア開始時) 1175万
■■■■■■■ 14/9末 1174万

■■■■■■■ 15/4末 1165万
■■■■■■■ 15/5末 1167万
■■■■■■■ 15/6末 1168万
■■■■■■■ 15/7末 1169万
■■■■■■■ 15/8末 1169万
■■■■■■ 15/9末 1158万


□□□□□□ 15/10末(予定) 1159万ぐらい?
□□□□□□ 15/11末(予定) 1160万ぐらい?

来月11月の貯金額の予想も、
特に大きな支出予定は無く
10000円ぐらいのプラスを予想しています。

支出の明細(1000円単位)です。

・食費 約22000円
・住居費 約8000円
・光熱水道費 約8000円
・家具・家事用品 約7000円
・被服及び履物 0円
・保険医療費 約22000円 
・交通通信費 約118000円(除定期代 約8000円)
・教養娯楽費 約19000円
・その他支出 約4000円
プロフィール

ONARA

Author:ONARA
46歳貯金1000万円少々で
リタイア生活はじめました。
「無理なく」「無駄なく」を
モットーにしている
マンション管理士
(近日開業予定)です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ