FC2ブログ

年4回の無給休暇

パートタイマーで働く人にとって、
これを知らないことによって
十数時間の労働分がタダ働きになってしまい
税金を無駄に取られるという
事態にならないために
意識しなくてはいけない年収の壁として、
100万円の壁とか103万円の壁とか
言われているものがあります。

100万円の壁は、住民税が非課税となる壁。
103万円の壁は、所得税が非課税となる壁です。

自分は去年2014年は半分以上の期間で失業中で
余裕で100万円未満の年収だったので、
今年2015年の住民税は課税されず。
安倍政権が消費税増税に伴って実施中の
臨時福祉給付金(簡素な給付措置)も
受けることができそうです。

所得税については、住民税とは異なり
例えパートタイマーでも源泉徴収されますが、
源泉徴収される基準が月収88000円以上です。
自分は今年4月分の給料のみ
88000円を超えてしまい
所得税を源泉徴収されました。
しかし今年の年末調整にて
年間の収入が103万円未満ならば、
後から返還されるはずなので、
この点は注意深く見ていきたいと思っています。

ここでタイトルのお話です。
自分は今年2015年分の給料を
カレンダーとにらめっこして
雇用契約にある休み以外は
休みなしということで計算してみると、
年間101万円を少し超えるくらいに
なってしまうことがわかりました。

このままでは
来年は住民税課税対象者になってしまい、
何日か分の給料がタダ働きになって
消えてしまいかねないので、
有給休暇を使用しない欠勤扱いの休みを
年に4回取ることにしました。

主に18切符シーズンでの旅行に
土日とつなげて使うため
金曜日に休みを使う予定なのですが、
今年11月に受験予定の
マンション管理士試験の前日の土曜日にも
休みを取る予定です。

今年はすでに2日分を使ったので
使えるのは残りあと2日分だけですが・・・

あと本当は98万円の壁というのもあって、
こちらは国民健康保険料の均等割額が
7割減になるか5割減になるかの
境目なのですが、
正直ここまで収入を減らすのは
国民健康保険料の支出が多少は減るとしても
あまりメリットがあるとは思えないので、
とりあえず年収100万円を割るぐらいの
住民税非課税世帯にターゲットを絞った
収入調整のみにしていきたいと思います。

【15/07/29 追記】
103万円の壁、100万円の壁、98万円の壁は、
市町村によって微妙に異なるようです。
自分が住んでいる自治体ではこうなっていますが、
もしこの記事を参考にされる方には、
この記事と住んでいる自治体の制度が
違っている可能性もあるということを、
おことわりしておきます。
スポンサーサイト



独身独居者の老後資金はなるだけ年金の形にしておいたほうが良い

と、タイトルではブチ上げてみましたが、
実は自分は今は年金を払っていません。
先日も今年度分の国民年金の免除申請の手続きをしに
区役所まで行ってきたところです。

その理由はもちろん、
自分は個人年金を59歳以降15年間受給できたり
親からの遺産相続がある程度あったりして、
一生一人で生きていく分には
いわゆる「老後」に
お金の心配をそれほどしていないのと、
それに反比例して、
今現在から老後に至るまでの時期までには
そこまでお金の余裕がないから、
現在は年金を申請免除するほうが合理的だと
自分の場合は思うからです。
(但し近い将来的には、
日々の生活に余裕が出てきたなと思えてきたら、
法で定められた過去10年分までの
国民年金を後納する可能性はあります。)

しかし独身独居者で今現在の資産に余裕がある人は
預貯金や株や債権といった
いわゆる金融資産の形でずっと持ち続けるのではなくて、
老後に毎月もしくは2ヶ月毎に
一定額の年金としてもらえる形にしておいたほうが
良いのではないかというお話です。

身寄りの無い独身独居者の老人になった場合、
自分がいつも言っているように
それほどお金を使ったりすることはまずありません。
高齢になってから無理やり長生きするために
医者や介護業者に金をばら撒いて養分にされるのは
一番アホらしい生き方です。
身寄りの無い独身独居者の老人が死んでも
誰も悲しむ人はいないんだし、
高齢になって死の時期が来たら
素直にその床に就くのがよいのでしょう。

そして身寄りの無い独身独居者が
不必要なほど過大に金融資産を蓄えていたりすると、
今どきの時代は真っ先に
それを狙うハイエナの餌食にされてしまうでしょう。

まあ今大流行していて
今後も勢いが衰えることがなさそうな
振り込め詐欺みたいな犯罪者集団のことなのですが、
最近は暴力団の主要な資金源にもなっていると言われていて、
ターゲットが身寄りもなく判断力も衰えた弱者で
なおかつ不必要なほどの金融資産の持ち主なので
それだけ実行しやすく利が大きい犯罪なのでしょう。

身寄りの無い独身独居者が
こういった犯罪に巻き込まれる心配を避けるためには、
現金や株・債権と言った
ストック資産に老後を頼るのではなく
毎月もしくは2ヶ月毎に一定額がもらえる
年金というフロー資産に
なるだけ頼るようにしたほうがいいと思います。

特に公的年金ならインフレになっても
物価スライドが働くので、
なるだけ公的年金に頼ったほうが物価上昇にも安心です。
60歳になるまでに資産的余裕があるのなら、
なるだけ国民年金、さらには国民年金基金、
それでもまだ余裕があるなら
生命保険会社の個人年金に入っておいたほうが、
いろんな意味で安心できそうです。
(但し、個人年金には物価スライドの機能はありませんが)

かれこれ10年以上使っている自家製のExcel家計簿

自分はこのブログにて
毎月家計収支の報告をしていますが、
その大本になっているのが
10年以上前から毎日つけている
自家製のExcel家計簿です。

1つのブックファイルには
おおよそ2年~3年分の家計簿を入れていて、
その中の1つのシートは1ヶ月分です。

シートラベルには平成○○年○○月と入れ
Excelシートの内容としては

・支出明細のリスト

(日付、費目、金額を入力するだけの
単純なものです。
買い物をしたらどんな些細なものでも
必ずレシートをもらうようにしているので、
家に帰ったらそれを元に打ち込んでいます。)

・各銀行口座の残高一覧

(最終的には月末日に銀行ATMに
全ての銀行のキャッシュカードと
ペンとメモを持ち込んで
チェックしますが、
毎月25日の給料日直後にも
途中経過を気にして
チェックしに行っています。)

・電子マネー、商品券、ポイント残高一覧

(これも月末日に一通りチェックします。)

・保有株式の評価額

(これは月末日に
ネット証券会社のアカウントより
チェックしています。)

・支出明細(費目別)

(食費、住居費・・・の費目別に、
支出明細のリストや
ダウンロードしたクレジットカードの明細ファイルや
その他領収書によって
振り分けて集計します。
クレジットカードの分は
前月時点で当月分はすでに確定しているので、
月初の時点で暫定的に
費目別のクレジットカード分の欄を埋めています。
その上でその他の支出については
月末に金額を加えて集計しています。)

このような入力・集計作業をした家計簿をもとに、
毎月収支報告の記事を作成しています。

マンション管理人の仕事は、夏場は生ごみやフンのニオイが大変・・・




<< ※ 今回の記事を食事中に読んだ方には大変申し訳ないです・・・ >>



以前の記事

マンション管理人の仕事は夏場よりも冬場の方がはるかに楽

でも書きましたが、

今自分がやっているマンション管理人の仕事は、
基本的には肉体的にも精神的にも
楽な仕事なのには違いないのですが、
唯一夏場の生ゴミやフンのニオイが
精神的にはよくありません。

週二回のゴミ収集日を
マンション住人が守ってくれればいいのですが、
守る人はまずいません。

しかもゴミの口を縛らずに生ゴミを出す人もいるので
コバエが沸くし大きなハエもたかってきます。

あとホームレスも多数生息している地域なので
ゴミ庫荒らしもひどく、
衣類なんかを目当てにして
ゴミ袋はよく破られ
生ゴミが散乱してたりします。

こんな場合は鼻つまみながら
火バサミでつかんで新しいゴミ袋に入れなおして
ゴミ袋の口を再度縛ったりしています。

飲食店も多い繁華街の只中の立地なので、
カラスや野良猫も多く
これらのフンの掃除にも悩まされます。

今の時期はフン関係は
早めに植栽の土の中に
スコップで埋めたりして掃除しないと、
ハエが卵をすぐに産みつけて
ハエが増えてしまうので、
こういったところにも気をつかいます。

やっぱり冬場の方が仕事は楽でよかったなあって、
今の時期は特に感じてしまいます。

2015年6月末 貯金残高

月が替わったので、前月末の貯金残高を書きます。

【2015年6月末 貯金残高(株式評価額含む)】

11,677,978円

先月は臨時の大きな出費(5000円以上)としては、

・マンション管理士試験受験用テキスト(教養娯楽費)

ここまでは先月に収支報告で
報告していた項目なのですが、
それ以外に

・リュックサック代(被服及び履物)

これが5000円を超える物を買ってしまいました。


貯金額は5月末より10000円ほど増えましたが、
株式評価額の含み益が若干出ているので、
その分を除いた収支はほぼプラマイゼロでした。

今月の貯金額の予想は、
固定資産税(2期目分)とスニーカー代と
青春18切符代と競馬観戦の馬券代等
の支出があって、
20000円ぐらいのマイナスを予想しています。

預貯金推移はこんな感じです。

■■■■■■■■ 13/9末(半リタイア開始時) 1175万
■■■■■■■ 14/9末 1174万

■■■■■■■■ 15/1末 1182万
■■■■■■■■ 15/2末 1178万
■■■■■■■ 15/3末 1167万
■■■■■■■ 15/4末 1165万
■■■■■■■ 15/5末 1167万
■■■■■■■ 15/6末 1168万


□□□□□□□ 15/7末(予定) 1166万ぐらい?
□□□□□□ 15/8末(予定) 1164万ぐらい?

来月8月の貯金額の予想は、
旅行のホテル代と
マンション管理士試験受験料等
の支出があって、
20000円ぐらいのマイナスを予想しています。

支出の明細(1000円単位)です。

・食費 約30000円
・住居費 約8000円
・光熱水道費 約11000円
・家具・家事用品 約6000円
・被服及び履物 約6000円
・保険医療費 約18000円 
・交通通信費 約14000円
・教養娯楽費 約10000円
・その他支出 約0円
プロフィール

ONARA

Author:ONARA
46歳貯金1000万円少々で
リタイア生活はじめました。
「無理なく」「無駄なく」を
モットーにしている
マンション管理士
(近日開業予定)です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ