FC2ブログ

「3000万円貯金があればセミリタイア可能」 ← アホですか?

いきなり挑戦的なタイトルになってしまいましたが、
何も3000万円貯めることを
むやみに否定しているわけではありません。

当然、完全リタイアorセミリタイアするには、
それなりの蓄えは必要なのではないのかとは思います。

ですが、この3000万円というのは、
一時的なストックとしてのお金というだけであって、
リタイアを長い人生で大局的に考えるのなら、
貯金額という一時的なストックのお金以外に、
死ぬまでに入ってくる分のフローのお金及び
死ぬまでに生活費として使っていくお金が
大事なのかと思うからです。
会社の経営状況を見るのに
ストックである貸借対照表だけを見て、
フローである損益計算書を見ないなんてことは
ないでしょうってお話と同じです。

だから単純に3000万円とかいう
貯金額だけでリタイアorセミリタイアの可否を
判断できるはずもなく、
以下に挙げる部分はもっと重要です。

・年齢
・持ち家かどうか?

・年金受給予定額(公的年金+個人年金)
(日本人男性の平均寿命である79歳までの受給予定額)
・親から遺産相続を受ける遺産の予定額
・株式債権等の有価証券売却予定額
・その他動産不動産の売却予定額
・死ぬまでに労働して得る賃金の予定額

・死ぬまでに使う予定の金額(生活費)

これら全ての情報をオープンにしないことには、
単純に貯金額が3000万円あるからと言ったって、
リタイアorセミリタイアが可能か不可能かなんて
とても言えたものではありません。

またよくネット上なんかで、
○○円貯金してリタイアする
なんて言っている人に限って、
これらの情報の全部もしくはいくらかを隠しています。
もちろんそういう人は
これらの情報の中で
後ろめたい部分があるからに決まっていますが、
それを明かさない以上は、
リタイアorセミリタイアの可否なんて、
とても論じられるものじゃないし、
いちいち相手にするのも
アホらしいと思ってしまいます。

リタイアorセミリタイア可能ラインの
自分の意見としては、
独身独居持ち家の場合のみになりますが
以下の過去の記事にも書いた通りで、

50歳6000万リタイアの法則

・50歳時点で持っている予定の預貯金額
・(私的+公的)年金受給予定額
(受給開始から79歳までに貰う予定金額)
・遺産相続予定額
・株や債権等の金融資産の売却予定価格
・動産資産に不動産資産の売却予定価格
・50歳より完全隠居するまでに稼ぐ労働賃金予定額

50歳時点の見込みでこれら全て合わせた合計が
6000万円以上になっていれば
もうリタイアorセミリタイアの
タイミングが来ていると考えています。

スポンサーサイト



ハーフリタイアしたはずのになぜか最近多忙感がある

タイトルの件なのですが、
ここ最近なぜか疲れやすいし寝不足を感じています。

自分の平日(隔週土曜日と祭日もですが)
の平均的な1日としては、
毎朝4:30に目覚ましで起きて、
PCを立ち上げネットをチェックしながら、
ご飯は1.5合炊いて1日3食分のおかずを作ってから
朝食をとって、
6:45に職場へ出勤します。
通勤と仕事で約6時間拘束され
12:50には帰宅して昼食をとるのですが、
その後は13:30過ぎ~17:30ぐらいまでは
図書館まで電車で通って自習室で
マンション管理士受験の勉強をしていることが
現在は多いです。
そして家に帰って夕食を食べて風呂に入って
20:00にはベッドに入って寝ているのですが、
最近は週1日は全て外食を取る日を設定してたり、
あといろんな日用品の買い物を
しなければいけない機会も多くて、
それは当然勉強の時間を削って行っています。
(大体は図書館の休館日ですが)
この外食や買い物に出歩くのが
結構負担になってるのか知らんが
最近やたら眠いし疲れやすいです。

今の調子だと自分の身体を休めることが
まずは第一なので
マンション管理士受験の勉強の時間も
さらにもう少し削って、
丸半日休息する日を増やさないと
いけないかなと思っています。

毎週1回以上は外食の日!と意気込んではみたものの

4月からは、わが家の異次元家計緩和で、
毎週1回以上は外食の日!
と意気込んではみたものの、
どうやら早くも外食生活に
飽きてきてしまっている感じです。

やっぱり自炊で自分で食事を作ったほうが
体質にも合ってるのか、
外食を多くした現在
おなかの調子も最近いまひとつだったりします。

とりあえずしばらくは様子見で、
週1回の外食生活は続けてみるつもりですが、
あまりにも飽きてくるようだと、
2週間に1回にしておくとか
回数を減らすかと思います。

そうしてしまうと、
当初の家計プランにあった、
月30000円以上を食費に使うという計画も
崩れてきそうです。

もとより「無理なく」「無駄なく」が
リタイア生活のモットーだったりするので、
無理に無駄に外食にお金を使うなんてことは
結局避けるような方向に
行ってしまうのかもしれません・・・

「無理なく」「無駄なく」生きたい!60代は年間140万円生活

自分は以前の記事でも書いた通り
個人年金が支給される59歳までは、
年間160万円で生活して行こうと考えています。

しかし60代は
それまで月約16000円払っていた年金の掛け金が
64歳までは約8000円それ以降はゼロになり、
持ち家のリフォームも
60代にはもうする予定がないので、
月々の負担が減るため、
年間140万円も使えれば十分かなと考えます。

そうなると
60歳から64歳までは、

・収入
給与収入年間100万円+個人年金収入年間72万円
の172万円
・支出
年間140万円

となるので年間32万円は貯金できるため、
前回記事にて書いていた貯金残額に
この年間貯金額を積み上げていくと、

483万円+(32万円×5年)= 643万円

になります。

さらに
65歳から69歳までは、
・収入
個人年金収入年間144万円
・支出
年間140万円

となるので
さらに差額の4万円を5年間貯金するとすると、
70歳までに663万円の貯金残高が残ることになります。

それプラス
・個人年金受取額の残り(360万円)
・両親よりの遺産相続分の資産
・公的年金(70歳より約月額106000円)

でもって70歳以降の生活をしていこうかなと・・・

そしてこの頃になったら、
持ち家(中古マンション)の買い替えか
介護ケア付きマンションに入ることによって、
これらの資産を使って行こうと考えています。

2015年4月末 貯金残高

月が替わったので、前月末の貯金残高を書きます。

【2015年4月末 貯金残高(株式評価額含む)】

11,651,792円

先月は臨時の大きな出費(5000円以上)としては、

・LED照明代(家具・家事用品)
・縦型扇風機代(家具・家事用品)
・ガラケー白ロム代(家具・家事用品)
・衣装ケース×4(家具・家事用品)
・国民健康保険の暫定賦課(4月分)(保険医療費)
・固定資産税(1期目分)(住居費)

ここまでは先月に収支報告で
報告していた項目なのですが、
それ以外に

・Gパン代(被服及び履物)

これが5000円を超える物を買ってしまいました。

貯金額は3月末より20000円ほど減りましたが、
株式評価額の含み益が約22000円出ています。

今月は衣装ケース×4と
国民健康保険の暫定賦課(5月分)等
の支出があって、
20000円ぐらいのマイナスを予想しています。

預貯金推移はこんな感じです。

■■■■■■■■ 13/9末(半リタイア開始時) 1175万
■■■■■■■ 14/9末 1174万

■■■■■■■■ 14/11末 1182万
■■■■■■■■ 14/12末 1184万
■■■■■■■■ 15/1末 1182万
■■■■■■■■ 15/2末 1178万
■■■■■■■ 15/3末 1167万
■■■■■■■ 15/4末 1165万


□□□□□□ 15/5末(予定) 1163万ぐらい?
□□□□□□ 15/6末(予定) 1162万ぐらい?

来月6月の預貯金額の予想は、
マンション管理士試験受験用テキスト等
の支出があって、
10000円ぐらいのマイナスを予想しています。

支出の明細(1000円単位)です。

・食費 約37000円
・住居費 約19000円
・光熱水道費 約13000円
・家具・家事用品 約37000円
・被服及び履物 約11000円
・保険医療費 約23000円 
・交通通信費 約11000円
・教養娯楽費 約8000円
・その他支出 約1000円
プロフィール

ONARA

Author:ONARA
46歳貯金1000万円少々で
リタイア生活はじめました。
「無理なく」「無駄なく」を
モットーにしている
マンション管理士
(近日開業予定)です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ