FC2ブログ

また行政書士の試験を受けたい欲が襲ってきた

前回の記事にて、
(任意)成年後見人にもなれるように
行政書士の資格も取って
いろいろと法律的な勉強もしておきたいな
とか書いてましたが、
最近またぞろ
行政書士の勉強をして
国家資格に合格したい欲が
襲ってきて仕方ありません。

前回の受験は14点足りずに不合格でしたが、
今回は何としてでも合格したいので
お金を出して資格スクールに通って
勉強したいと考えています。

しかし今年の受験はもう無理なので
来年の受験ということを考えると、
来年の春には今やっているパート仕事を辞めて
そこから受験月の11月までは
スクールに通学しながら受験勉強に専念して、
その後に自分が本来やりたかった
自営業を開始したり
家庭菜園をやりはじめたりしたいという
ライフプランになってくるのかなという感じです。

当初再来年までパート仕事をしようかと
考えていましたが、
行政書士の資格をすぐに取りたい気持ちが
どうやら自分の中で勝ってしまっているようです。

もちろん受験は簡単ではないでしょうし
パートタイマーも辞めて無職でなおかつ
スクールに通って勉強の期間を取るので
金銭的にも余裕が少なくなるのですが、
これも一度しかない人生。
(頭の)元気なうちにやりたいことは
やっておきたいなという欲求には
勝てませんという感じですかねえ・・・
スポンサーサイト



高齢単身無職世帯の平均家計収支と自分の60歳以降支出計画を比較してみた

つい最近にネット上でこんな記事を見かけました。

2020/08/02 19:30
高齢無職世帯の「毎月の赤字」はどれくらい? 対策は?https://news.mynavi.jp/article/20200802-1196637/

ここでは60歳以上単身無職世帯の
1ヶ月あたりの家計収支平均額が出されているので、
自分が以前より考えている
60歳以降のリタイアプランと比較したら
どんな感じなのだろうって
興味を持っていろいろと比較してみました。

まず支出額については
15万円をちょっと超えるぐらい
年間にして180万円以上を使っていて、
自分がリタイアプランとして考えている
60代は150万円で70代は130万円使う予定より
結構多めの支出なのかなと感じました。

ちなみに自分は80歳までには
死んでいる前提にしていて、
もし間違って生きていたら
生活保護を受ける予定なので、
とりあえず60歳から79歳までの
20年間で考えることとします。

しかしこの統計の内訳表を見てみると
交際費や仕送りで16000円ほどを使っています。

何故独身老人でこんな費用が必要なのかを考えると、
同じ独身老人と言っても
配偶者との死別者離別者が結構混ざっていて、
そういう人達は
自分の子供や孫との交際費が
必要なのかなと思うので、
(自分の両親も子供である自分と一緒に
食事したり旅行したりに結構お金をかけている)
こういう金額が出てくるのかなと・・・

なのでその額を除外してみると
年間160万円ぐらいになって
自分のリタイアプランの額とは
ニアになってきます。

自分も当初は年間160万円生活を
予定していましたが、
実際に生活を続けていると
そんなにお金はかからないなと感じ
年間150万円に軌道修正しています。

多分この内訳表のうちの食費約36000円が
使いすぎなのじゃないかなという感じです。

それから収入面に関してですが、
月間の社会保障給付約116000円は
自分の60歳から20年間の月間給付約114000円
(公的年金+個人年金)
とは非常にニアなのかなと思います。

そしてその他の約9000円なのですが、
おそらく株式等での運用益なのだと思いますが
自分はこれについてはおそらくあるだろうけど
全く当てにはしてないのでゼロで考えています。
だからこのあたりも
おそらくニアな感じになるのでしょう。

最後の収入での不足分にあたる
約27000円についても、
前述の約16000円を引いて
約11000円として見ると
自分は60歳時点で350万円以上を
貯金として残しておく予定なので、
350万円を240ヶ月で割った約14500円で
なんとかやっていけそうな感じだなと・・・

但し自分は65歳ぐらいで
家(マンション)を買い替える予定なので、
このあたりは月々の収支での余りと
64歳ぐらいまで働いて
500万円ぐらいは稼ぐ予定なのと
あとはいくらあるのかはっきりとは分からない
両親からの遺産相続とのにらめっこで
買い替える家(マンション)のレベルを
決めて行こうかなという感じになりそうです。

東京五輪に同じく自分の士業開業も来年度以降に延期の決断

とりあえずタイトルの通りです。
今年2月よりコロナ騒動が続いているのですが、
自分が当初思ってたよりも
なかなか終息が見えてこないという状況に鑑みて
マンション管理士の免許更新がある(1月予定)
今年度中に開業を見据えていたのですが
いろいろ考えた末に断念です。

理由としては三つあって
ここしばらくは不況感が強くて
マンション管理組合もお金を出し渋るだろうから
開業がやり辛くなると感じたことがまず一つ目。

自分が当初見込んでいたような
マンション管理人の雇われをしながら
趣味で家庭菜園を持ち
さらにマンション管理士の自営をするのは
セミリタイア生活に入ってしまっている身には
精神的肉体的に結構キツく感じたことが二つ目。

今自分がやっているマンション管理人の物件が
大規模修繕工事を計画中で、
もちろん自分の自営業の勉強の為ですが
その顛末を来年末ぐらいの
工事終了(予定)ぐらいまでは見届けたいと
思ったのが三つ目です。

ということは今やってる
雇われのマンション管理人については
おそらく来年か再来年までは続けるということに
なると思います。

そして家庭菜園を始めることについては
マンション管理士の自営業を始めることに優先して
動いていこうかなと言った感じです。

しかし雇われのマンション管理人を
続けられるかについては
実は今不安点が出てきています。
ここ最近は右ひざにかなりの痛みがあって
騙し騙しで仕事している状態だからです。

まあこのあたりの状況も見つつ
今後の自分の働き方をどうするかについては
まだいろいろと流動的なのかもしれません。

このブログではそのあたりも
愚痴等入り交ぜながら
あれこれと書いていくことになりそうです。

コロナ騒動の影響で今年度は節約してその分来年度は多めに使う

と考えている人は
世の中には多いのではないかと思っていますが、
何を隠そう自分もその一人です・・・

今年度(2020年度)は、
想定外の就職難に遭遇してしまい
自分が当初思っていたほどの収入が
得られなさそうです。

自分は当ブログではことあるごとに
年間150万円(月間12.5万円)生活を
していく宣言をしておりましたが、
今年度はそれはどうやら厳しそうであり
年間140万円(月間12万円弱)に
していく予定です。

これは今年度中に開始予定である
自営業の準備資金や家庭菜園の初期費用を
(10数万円程度?)含めた額であり、
結構な節約生活を強いられそうです。

その分、世の中からコロナウイルスが
一掃されているであろう
来年度(2021年度)には、
純粋な事業運転資金(10万円程度?)を
除いた分での年間160万円は
生活費に使っていこうかと思っています。

まずは今年度中に貯金は870万円を
割らないようにとは考えていますが、
今年度は上記の各種準備資金の他に
遠近両用コンタクトレンズの買い替えや
購入後15年経った掃除機の
買い替えを考えており、
それらにかかる支出が予定されています。

他にはこれまた購入後13年経ったDVDレコーダーの
買い替えも考えていましたが
こちらは動作に大きな支障がなければ
来年度に延期することにしています。

気分的にはせっかくセミリタイアしたのに
お金の算段であれこれ気を遣うようになることは
本意ではないのですが、
こういう天災的なところで
うまくいかなかったものは
どうしようもありません。
軌道修正で対応していくより
仕方がないのかなといった感じです。

ようやくパート仕事が決まったので今後のセミリタイア構想についてあれこれ

今年1月に職業訓練校を修了して約3ヶ月
ようやくにしてパート仕事が決定して
ゴールデンウイーク明けから
マンション管理人の雇われ労働に復帰する予定です。

この仕事が決まるまでのゴタゴタエピソードも
正直いろいろと面白い出来事があったのですが、
身バレを避けるために
書きたくなるのを我慢して書かないでおきます。

仕事の詳細もまだまだ不明な部分も多いし
どこまで書こうか迷いますが、
とりあえず前に働いていたマンション管理人と
ほぼ同程度の労働時間と給料になります。

但しお給料は再来月6月にならないと振り込まれないので
5月までは無収入生活が続きます。
(まあ10万円の給付金とやらが5月中に頂けるらしいので
それを当てにはしていますが・・・)

この仕事は資金面を考えて
最低2年ぐらいは続けようと思っているので、
以前の記事で書いたように

普通の人が働いている平日の8時間にセミリタイア者はいったい何をするのか?
http://1022bluedragons.blog.fc2.com/blog-entry-285.html

しばらくこの4つを続けて行こうという
自分のセミリタイアの構想はそのままなのですが、

① 雇われサラリーマンとしての仕事

② マンション管理士による起業

③ 家庭菜園を楽しむ

④ 行政書士の資格を取得する

②や③をしながら①と④の両立は厳しいと思っているので、
とりあえずあと2年ぐらいは①をしながら
②や③をボチボチ開始していこうかという
スタンスになると思います。

④は上の記事でも書いているように
優先度は低めというかちょっと後回しですね。

本当はもう少し高収入な仕事に就いて
早めに勉強に専念できる時間を作りたいなと
考えていたのですが、
今回のコロナ騒動による突然の就職難到来で
どうやら思っていた通りにはいかなくなったようです。

②のマンション管理士による起業についてなのですが
来年の1月になると自分が持っている免許が更新になって
再講習があるはずなので、
そのタイミングで開業できたらいいなとは思っています。

詳しく書くことはできませんが
今回働くことになったマンションは
前回働いていたマンションとは
あらゆる意味で正反対の感じのマンションなので、
ここで管理人として働くことによって
いろいろ勉強できそうな気はしています。

③の家庭菜園を楽しむことについては、
とりあえずは家から近い水道及びガレージ付の
貸土地が出るのを
根気強く待つ作戦ということになりそうです・・・
プロフィール

ONARA

Author:ONARA
46歳貯金1000万円少々で
リタイア生活はじめました。
「無理なく」「無駄なく」を
モットーにしている
マンション管理士
(近日開業予定)です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ